• 1/31PAGES
  • >>

「美容オイル」日本化粧品検定協会セミナ−

  • author: Akiko
  • 2018.11.19 Monday
  • 0

    コスメを読む!「美容オイル」

    2018年11月17日(土)

     

    本日は日本化粧品検定協会のセミナーで美容オイルについて勉強してきました。

     

    第1部ではオイルの種類やそれぞれの特徴について勉強しました。

     

     

    合成のオイルと植物油の直接手に取り、滑りの良さや粘度について比べました。

    同じ植物油でもコールドプレスや精製によって、オイルの

     

    第2部では美容オイルのトレンドということで、新しい原料と化粧品の説明がありました。

     

    新規の希少性の高い植物オイルが様々なソースから抽出されてるようになりました。

     

    インカオイルはアマゾンの植物の種子のオイルで保湿効果、切れ毛・枝毛改善効果があります。

    チアシードオイルは弾力性の改善効果、ヘアカラー退色抑制効果などがあります。

     

    アップルシードオイル、メロンシードオイルといった果実種子オイルもアあります。

    メロンシードオイルのサンプルも会場にあり、ほんのりメロンの香りがしました。

    果実種子オイルは多く取れないため、採算が合わないそうです。

     

    美容オイル化粧品もメーカーによって、色々なタイプがあります。

     

    DHC オリーブバージンオイル は1種類の植物油で構成されています。

     

    アルビオン ハーバルオイル ゴールドは複数のオイルがブレンドされています。

     

    SK-II  フェイシャル トリートメント オイルは水溶性の成分と油性の成分が2層に分かれていて、使用時に混合します。

     

    ヘレナルビンスタイン HR プロディジーリバーシスローションは水溶性成分の中にオイルがそのまま見える大きさで分散しています。

     

    ロクシタン イモーテル オーバーナイトリセットセラムはオイルをゲル状に加工し、水溶性成分中に分散しています。

     

    ゲラン アベイユロイヤル ウォータリーオイルはオイルカプセル状に加工し、水溶性成分中に分散しています。

     

    クラランス ダブル セーラム EX は容器が内側と外側で水溶性成分と油性成分に分かれて充填され、吐出するときに混ざります。

     

    キッカ ビューティグロウ オイル&エッセンスはオイルとエッセンスが2つの容器に分かれていて、使用時に混ぜます。


    コスメデコルテ AQ オイル インフュージョン肌ラボ 極潤オイルイン化粧水はオイルらしい成分はなく、油性感のある成分と処方でリッチな使用感を演出している化粧水です。

     

     

    参加者へのプレゼントは上記の6品です。

    Pure Natural(ピュアナチュラル) オールインワンオイルジェル 100g

    プルルンとしたジェルです。3種のコラーゲン、3種のヒアルロン酸含有で乾燥小じわ対策できるそうです。

     

    100%ココナッツ由来MCTオイル

    化粧品ではなく食用オイルですが、トランス脂肪酸がゼロなのと、無味無臭なので使いやすくなっています。

     

    2018 オイルクラッシュウォーターH

    2層に分かれた美容液で、コラーゲン、プロテオグリカン、ラベンダーなどの精油は入っています。

     

    ニベア クリームケアリップバーム バニラ&レモンの香り

    スクワラン、ロイヤルゼリーエキスなどが入った医薬部外品のリップバーム

     

    coyori 彩醒 化粧水&美容液オイル

    新発売のエイジングケアラインで、3種のオーキッドエキス(蘭)が肌の再生機能を活性化させます。

     

    エレミス プロコラジェン マリンオイル

    高級スパで扱われているイギリスの商品です。ロアリングウォーターケルプ、ホワイトポピーシードオイル、アビシニアンオイルなどが入っています。

     

    どの美容オイルがいいかは、個人個人の肌の状態により合うものを使うのがいいようです。

    また、乾燥した頬の部分と、Tゾーンで使い分けることも可能です。

     

    使い方はその商品のメーカーが推奨する方法で使いましょう。

    JAMHAブラッシュアップセミナー

    • author: Akiko
    • 2018.11.14 Wednesday
    • 0

      日本メディカルハーブ協会

      ブラッシュアップセミナー

      20181111日(日)東京農業大学

       

      セミナーの内容はハーブに直接関係はありませんが、健康について非常に興味深い内容のものでした。

      化学的な説明も簡単にあったのですが、そこは省いて簡単に内容について紹介します。

       

      Program 1 「糖化は老化 〜糖化ストレスの体への営業とその対策方法について〜」八木雅之氏

       

      糖化の英語の頭文字はAGEですが、正式にはAGEsと書くそうです。

      AGEは1つの物質ではなく、グルコースが色々な物質と結びつき、100種類以上存在しているので、複数形のsが付くのですが、発音しにくいので、一般向けのTV番組ではsをとってAGEとしているそうです。

       

      AGEsが体にどんな影響があるかというと、血管内皮を傷つける、皮膚や組織が固くなりしなやかさが低下、肌のキメが乱れる、見た目が更ける、脳内蓄積、骨強度が下がるなどがあります。

       

      糖化の原因である高血糖を抑えるため、ベジタブルファースト、副菜と一緒にご飯を食べる、食前にヨーグルトを食べる、朝食後の運動することを提案されました。

       

      AGEsは調理して茶色くなったものに多く含まれるので、焼いたり揚げたりするよりは、ゆでたり蒸したりするほうがAGEsは少なくなります。

      また、ローストビーフの試験では、調理前に酢またはレモンジュースに漬け込むことでAGEsが少なくなるという結果がでました。

      鶏肉団子を水で茹でるよりも、鰹だしで茹でるとAGEsが少なくなる試験結果も出ました。

       

      抗糖化作用を有するハーブは、ローマンカモミール、ドクダミ、セイヨウサンザジ、ブドウ(葉)などです。

       

      講演後のパネルディスカッションで林副理事長が参加者に代わって質問してくれたのですが、ハーブティで使われるカモミールは通常ジャーマンなので、ジャーマンではダメなのかどうかというのが気になりました。試験の結果はローマンのほうが抗糖化作用が強かったのですが、ジャーマンでも同作用はあるとのこと。

       

      その他よもぎ、モロヘイヤ、フキノトウ、新しょうが、ローズマリーなどなど、たくさんの野菜・ハーブの名前も挙がっていました。

       

      普通に野菜中心の食生活にハーブをプラスして、調理方法に気を付ければ、無理しなくても抗糖化な食生活はできると思いました。

       

      カモミールや菊といったキク科の植物は抗糖化作用高いということで、スーパーには売ってないのであまり飲まないのですが、菊花茶も今後探して飲んでみようと思っています。

       

       

      Program 2 「ポリフェノール研究の最前線」芦田均氏

       

      去年くらいに、ポリフェノールは健康に関連する臨床結果が得られていない、科学的な証拠がない成分だという記事を読みました。

      だからこそ、研究の最前線を知りたいという思いがあり、この講演を聞くのがとても楽しみでした。

       

      まず、ヒトでの臨床試験が少ないこと、ポリフェノールはほとんど体内に摂取できないため、体にどう影響しているのかがまだ薬理的に明確でないことが今回分かりました。

       

       

      黒大豆で血流や血管年齢の改善、カカオポリフェノールの高血糖抑制と肥満・脂肪蓄積抑制、みそ汁やイソフラボンで乳がん発生率減少と骨粗鬆症予防といった話もありました。

       

      エクオールの話も出てきました。

      日本人の50%はエクオールを作る腸内細菌を持っているのですが、若い世代は大豆食品の摂取が少ないためか欧米人と同じ20%くらいに減っているそうです。

       

      最近の研究では、腸内環境を良くする作用があり、今後ヒトで臨床試験を行っていくということでしたので、今後の研究に期待したいです。

       

      昔から食べている食品にはポリフェノールだけでなく、他にも健康に役立つ成分があり体にいいから食べ続けられているという話も出てきました。

      ポリフェノールの作用に関わらず、健康的に良い食品を色々な食べることはいいことだと思いました。

       

       

      老けない人の食習慣 (タツミムック)

      楽天ラクシーから提供の化粧品

      • author: Akiko
      • 2018.11.01 Thursday
      • 0

        日本化粧品検定協会のオフィシャルサイトの会員ページのリニューアルに伴い、その説明書と一緒に楽天ラクシーから提供された化粧品のプレゼントがありました。

         

        ラクシーは化粧品の定期購入サービスです。

        ニベアの色付きリップは、美容オイルも入って保湿ができて、高発色だけど、唇だけ浮くことがない控えめな色合いでよかったです。

        その上に色が気に入っている口紅を重ねてもいいと思います。

         

        後の2つはリーリオという日本のメーカーのクレンジングジェルと美容液です。

        伊勢丹新宿店で購入可能です。

        パラベンフリーなど、不必要な成分を除いた肌への負担が少ない水溶性ゲル処方の化粧品を作っているとのこと。

         

        以前同協会のイベントでいただいたラピデムのクレンジングは本当にリッチで乾燥肌の人にはとてもいいと思いますが、オイリー肌の人にはこちらのジェルのほうがさっぱり感があって合うと思います。

        ダブル洗顔不要です。

         

        美容液のいいところは、洗顔後に使ってもいいのですが、乾燥が気になるときにメイクの上からでも使えるところです。

         

        気になる方はサロンにお越しの際に試したいとお声かけ下さい。

        リーリオは20gくらいの小さいサンプルなので、すぐになくなってしまうと思いますが、その他お試しいただける化粧品は必ずあるので、ご安心を。

        11月のアロマハンドセラピスト講座の日程

        • author: Akiko
        • 2018.10.28 Sunday
        • 0

          下記の日程でアロマハンドセラピスト講座を行います。 

           

          ☆ 11/16(金) 12:00-17:00 

           

          第10期の受付(2019年1/15-1/31)になります。

           

            詳細はこちらから

          スパ発のウェルネススキンケアブランド

          • author: Akiko
          • 2018.10.26 Friday
          • 0

            日本化粧品検定協会からLapidem Tokyoの World Luxury Spa Awards受賞及び
            高級spaの新スキンケアブランド発表会に招待いただきました。

             

            ラピデムは赤坂にあるスパで、もともとは業務用の化粧品を扱っていたのですが、この度スパでも使えてホームケアでも使えるファイブエレメンツというシリーズを発表されました。

             

            World Luxury Spa Awardsはイギリスの賞で、3部門で受賞されたそうです。

             

            ファイブエレメンツというのは陰陽五行説の考えを取り入れ、原料にこだわり、できる限り植物由来の成分だけで作られた化粧品です。

             

            石油系界面活性剤、鉱物油、合成着色料、合成香料、パラベン、フェノキシエタノールなど全て使用されていません。

             

             

            開発に携わった方は、通常のメーカーはコストの上限があり、安い成分を使うなどするわけですが、ラピデムの開発では、コストは度外視して、より良い化粧品作りを目指したそうです。

             

            決して安い化粧品ではないですが、その割にはそんなに高くないと思います。

             

            香りは精油を使っていますが、微香ではないですが、ロクシタンほど強すぎず、日本人にはちょうどよい強さだと思います。

             

            サンプルとしていただいたのは、5品です。

             

             

            左端から順に紹介します。

            AGモイスチャークレンザーはメイクを落としながら、潤いを残すリッチなクリームタイプです。水溶性プロテオグリカンが入っていて、洗い流すクレンザーにはもったいないくらいリッチです。

            メイク落としとしてだけでなく、洗顔料として朝も使えます。

            肌によく馴染み、洗顔後にローションと乳液を忘れていても大丈夫なくらい肌が突っ張りません。

             

            ピュアセラムローションはとろみがあり、日本酒由来のルグリセルギリコシドや水溶性プロテオグリカンが配合された潤い力が高いローションです。

             

            リペアジェリークリームは少量でもよく伸び、潤いだけでなくハリも与えてくれるクリームです。

            ヒアルロン酸とコラーゲンの生成を高める成分が入っています。

             

            バス&マッサージオイルは陰陽五行に戻づいて、5種類あります。

            いただいたのは、チャージで水(冬)に相当します。

            内分泌系や水分補給にいいそうです。

            キャリアオイルは、セサミ、アルガン、ホホバ、マカデミアナッツ、月見草など(5種ともに共通)

            精油はジュニパーベリー、ゼラニウム、タイムが入っています。

            オイルのままマッサージできますが、ソルトに混ぜてマッサージしてから、洗い流さずにそのまま浴槽に使って、バスソルトとして楽しむ方法も紹介されました。

             

            クリームの後ろにある白い袋は柚子のバスソルトです。

            非売品とのことで、多分スパご利用のお客様に配られているのでしょう。

            ユズ果皮とユズ油が入った、柚子づくしのバスソルトです。

            ユズ湯に入っている気分です。

             

            その他の商品説明も詳しくしていただきました。

            その後はフェイシャルトリートメントのデモストレーションがありました。

             

            上記で紹介した化粧品は、トリートメントを受けた時でも、受講の時でも、いつでもお試しいただけます(なくなり次第終了します)。

             

            販売はしていませんので、購入の際は直接ラピデムにてよろしくお願いします。

             

            精油のためのワインセラー

            • author: Akiko
            • 2018.10.19 Friday
            • 0

              精油のためのワインセラーを入手しました。

              今年の夏は暑かったので、精油の温度管理ができるようにしました。

              ペルチェ式なので、冷蔵庫と違ってモーター音がなく静かなのが利点です。

              しかしながら周りの温度に影響されてしまうため、30度を超えた室内では、設定した温度より高くなってしまいます。

              そのため、少し低めに設定する必要がありました。

              今年の冬はローズオットーが固まることなく使いやすくなることを期待しています。

               

              8本用のワインセラーですが、自分用の精油と販売用の精油でいっぱいになりました。

              もう少し大きいのも、12本用にしてもよかったかもしれません。

              8本用ならそれほど場所もとらず、持ち上げて動かすこともできるため、満足はしています。

               

              販売用の精油は残りあとわずかです。

               

              ベンゾイン5ml、10ml、パチュリ10ml、ジャスミン5mlはあと1本

              サンダルウッド5mlあと3本

              詳細はこちら

              アンチエイジングの化粧品をお試しいただけます

              • author: Akiko
              • 2018.10.18 Thursday
              • 0

                先月ビューティーフェアにて、プラセンタ、フィロー、EGF、フラーレンといったアンチエイジング成分が入った化粧品のサンプルをいただいたり、購入したりしてきました。

                 

                サロンにお越しいただいたときにブログの化粧品に興味があるとおしゃっていただければ、お試しいただけます。

                アロマテラピーアドバイザー認定講習会行います

                • author: Akiko
                • 2018.10.17 Wednesday
                • 0

                  10/20(土)13:00-16:00に開講します。

                   

                  既にアロマテラピー検定1級に合格して、AEAJ開催の講習会に参加できない方は受講下さい。

                   

                  受講後、10/24までにAEAJに入会して、後期年会費を支払う必要があります。

                   

                  詳細はこちら

                  ハーブティーを仕入れました

                  • author: Akiko
                  • 2018.10.16 Tuesday
                  • 0

                    日本メディカルハーブ協会のシンポジウムにて割引になっていいたハーブをたくさん購入しました。

                    養命酒ののど飴はアンケートに答えて無料でいただきました。

                     

                     

                    飴はなくなってしまいましたが、ハーブティはアロマトリートメントとヒーリングを受けられた方にお出ししてます。

                    下の真ん中と右側は美容にいいハーブティなので是非飲んで欲しいです。

                    第19回JAMHAシンポジウム

                    • author: Akiko
                    • 2018.10.01 Monday
                    • 0

                      2018年9月30日(日) 大崎ブライトコアホール

                       

                      今回のテーマは睡眠でしたので、これは是非行かねばと思い参加しました。

                       

                      講演1「心地より眠りを誘うサウンド〜副交感神経を刺激して〜」 

                      埼玉医科大学短期大学名誉教授・理学博士 和合治久

                       

                      38歳以上になると交感神経が優位になり、高血圧、脳こうそく、心筋梗塞、不眠症などになりやすくなります。

                      音楽の力で自律神経を整えて睡眠リズムを取り戻せす方法を示されました。

                       

                      モーツアルトの音楽は4000Hz以上の高周波音とゆらぎ音が豊富で倍音効果があるため、

                      モーツアルトを使った音楽療法の検証をされました。

                       

                      血圧が下がる、体温が上がる(つまり免疫力が上がる)、唾液量が増える(誤嚥性肺炎の予防になる)、コルチゾールが減る(ストレスがなくなる)、リンパ球数が増えるといった効果がありました。

                       

                      上記のような効果があるということは、音楽療法で交感神経優位から、副交感神経にスイッチが入ったということですので、睡眠にも入りやすくなるということです。

                       

                      講演の内容はもっと濃いものでしたが、下記のCD付の書籍に解説があると思いますので、もっと知りたい方は是非書籍を読んで、CDを聞いてみて下さい。

                      私は1冊購入しました。今晩聞いてみます。

                       

                          

                       

                       

                      講演2「スリープマスター学ぶ!睡眠負債対策&快眠メソッド」

                      西川産業(株) 日本睡眠化学研究所認定スリープマスター 杉原桃菜

                       

                      入眠しやすいように環境を整えるということを提案されました。

                       

                      就寝1時間前に39-40度のお湯で入浴する、ジャージより体を締め付けないパジャマを選ぶ、寝る前のストレッチ、寝室の照明(暗めでキャンドルや間接照明がおすすめ)、ハーブティーなど快眠のための方法が紹介されました。

                       

                      睡眠の質を高めるには体に負担をかけない寝具も不可欠です。

                      マットレスは立った時の姿勢を保てる、硬すぎず柔らかすぎずないものがおすすめです。

                       

                      マットレスは5年以上経ち、体に合わなくなったら、買い替えるタイミングだそうです。

                       

                      仰向けと横向きの両方で寝たときに合う2つの高さの枕もおすすめです。

                       

                      これを機会に就寝間の環境と寝具を見直してはいかかでしょうか。

                       

                       

                      講演3「心地よい眠りのためのメディカルハーブ〜その特徴・活用法・研究情報〜」

                      JAMHA理事・学術委員会委員長・薬学博士・(株)トトラボ代表 村上志緒

                       

                      健やかな眠りのためのハーブや精油は、緊張を緩和するもの、鎮静作用があるもの、血行を促進するものについて説明がありました。

                       

                      ハーブ- バレリアン、パッションフラワー、セントジョンズワート、ジャーマンカモミール、ラベンダー、リンデン、オレンジフラワー、ベルベーヌ

                      精油- ラベンダー、ネロリ、ローマンカモミール、フランキンセンス、パチュリ、ベンゾイン、オレンジ

                       

                      1日のリズムのなかでメディカルハーブの活用方法として、朝の目覚め用、昼のリフレッシュ用、夜のリラックス用のハーブティーやエアフレッシュナーなどに使えるハーブや精油や抽出油も挙げられました。

                       

                      研究情報は、バレリアンとホップの混合エキスで睡眠障害が改善、ジャーマンカモミールに含まれるアピゲニンが催眠作用を有するという研究結果が紹介されました。

                       

                      村上さんの書籍には日本のハーブ辞典があります。

                       

                       

                      JAMHAの会員になってからシンポジウムには初めての参加ですが、会場に出店されている企業が数社あり、サンプルをいただいたり、ハーブティーを試飲し、格安でハーブが購入できてよかったです。

                       

                      もちろん講演の内容も勉強になり参加して良かったです。

                       

                      JEAJのイベントだと生活の木やニールズヤードの商品が安く買えるチャンスと行列ができるのですが、JAMHAのイベントでは試飲がないせいか精油に興味がないのか前出の2社のブースがにぎわってなかったのが非常に対照的でした。

                      ページトップへ戻る▲