• 1/29PAGES
  • >>

「高齢者の皮膚を知る」セミナー

  • author: Akiko
  • 2018.02.23 Friday
  • 0

    日本化粧品検定協会のセミナー「高齢者の皮膚を知る」に参加しました。

    講師は日本シニア検定協会の江端氏で、シニアケアの実体験から得た貴重なお話を伺うことができました。

    シニアの方の皮膚はターンオーバーがなくと思われるくらい、保護機能が低下していて、水分がしみ込む層がなくなっているそうです。

    そのため少し引っ張っただけで皮膚がめくれたり、お湯がしみる場合もあるとのこです。

    痛覚を司る自由神経終末が減り、骨折に気付かないこともあるそうです。

    シニアの方の皮膚と爪の特徴、麻痺のある方の特徴など簡単ではありますが、限られた時間で学ぶことができました。

    アロマハンドセラピスト講座では、お年寄りなど注意が必要な相手には、濃度を下げる、精油なしで植物油だけで行う(香りは芳香浴で楽しんでもらう)、医師の判断に任せて施術をしないという決断も必要と教えています。

    シニアの方の乾燥した肌にはオイルを多めに使い、摩擦を感じないようにするという指導はしておりましたが、
    皮膚がめくれるほどというのは経験したことがなかったので、今後の講座ではその話もさせていただき、より良い指導をしていきたいです。

    日本シニア検定入門編はWEBで無料取得できますので、興味のある方はトライしてみて下さい。

    https://www.seniorkentei.com/

    最新の注目コスメ&トレンド分析

    • author: Akiko
    • 2018.02.16 Friday
    • 0

      今年のトレンドのコスメの紹介が沢山ありましたが、

      全て紹介しきれないので、特に私が個人的に気になったものを紹介します。

       

      アンチポリューションの化粧品として紹介されたIHADAの「花粉吸着防止スプレー」

      花粉だけでなく、PM2.5も防止してくれます。

      従来品よりも効果アップされているようなので、花粉症の方は試してみてもいいかも。

       

      新規医薬部外品(しわ改善)で紹介されたポーラの「リンクルショット」

      ニールワンという成分がしわ改善という効能で承認されて去年発売されました。

      これは今後試したいです。

       

      今年承認されて発売される予定なのが、皮脂分泌抑制成分ライスパワーNO.6が入った化粧品。

      今後の売れ行きや、口コミに注目したいです。

       

      医療美容発想の化粧品がいくつか紹介されました。

      フォトフェイシャル、サーマクール、ボトックス、ケミカルピーリング、フラクショナルレーザーのような効果が化粧品で得られるようになりました。

      マイクロニードルパッチ(ヒアルロン酸注射)はパッチを貼るだけで、注射したようにヒアルロン酸を肌の奥に浸透させるものですが、

      技術の向上で塗るボトックスといわれるアルジルリンも入れることができるようになったので、アルジルリンなら是非試してみたいです。

       

      肌を低酸素状態にして、再生させるサーマクールはフォトフェイシャルなどより高いのが難点なのですが、

      クレドポーボーテ のセラムラフェルミサンsはその代わりとなる化粧品です。

      しかしセラムも決してお安くはないのです。

      サーマクールは1回で効果があるわけではないので、数万円の施術を数回受けるよりは化粧品のほうがコスパがいいということになるのかも?!

       

      リキッドファンデーションを使う人は必ずおしろいも使うと思いますが、どうしても粉っぽくなります。

      そこでリキッドだけど、肌に塗るとパウダーに変わり、おしろいが必要なくなるファンデーションが紹介されました。

      ポーラ、THREE、KATEなどから出てます。

       

      他にも注目コスメ情報盛りだくさんだったのですが、最後に会員参加者へのプレゼントD-UPのアイライナーを紹介します。

      実は、アイライナーを書くのが下手で苦手な私でも書きやすいと思いました。

      極細なのもいいです。

      ウォータープルーフだけど、乾く前だと水ですぐに落ちます。下手な私にはありがたい!!

      まだ長時間の外出前に使ってないので、汗や皮脂でにじむかどうかはわかりません。

      乾いた後で、アイシャドウを付けてぼかしてみたけど、にじみはありませんでした。

      普段使っている他メーカーのクレンジングでキレイに落ちました。

       

      メディカルハーブベーシックセミナー(プログラム2)

      • author: Akiko
      • 2017.12.17 Sunday
      • 0

        プログラム2 「メディカルハーブでブレンドティーを楽しむ」
        講師:日本メディカルハーブ協会理事 金田太朗氏

        メディカルハーブ検定で試験範囲の15種のハーブが会場に用意され、
        それぞれのハーブの特徴や味について勉強しました。

        グループで与えられたテーマに沿ったブレンドハーブティーを実際に作りました。

        私が参加したグループのテーマは「風邪」でしたので、風邪ひきの初期向けとして下記のレシピで作りました。

        エルダーフラワー
        エキナセア
        カモミール
        ローズヒップ
        リンデン

        飲んだ感想は、いかにもハーブティという印象です。
        ハーブティに慣れてない人には、ハーブすぎて飲みにくいかも。

        カモミールは味が強いので、エルダーフラワーをメインにして、カモミールの量を減らし、5:2にしたのですが、
        思っていたより、カモミールが強かったです。


        抽出時間は5分でしたが、ローズヒップは15分くらいかけたほうがいいということもあり、
        時間がたつと、ハーブティの色がオレンジかかってきて、味もまろやかになりました。

        他のグループのハーブティも1種類だけ味見しました。
        レシピは覚えていませんが、ペパーミントをうまく隠し味に使っていました。
        ペパーミントも味が強いので、他より少な目に入れるほうがいいハーブです。


        講師が石垣島から帰ってきたばかりで、現地のJAでかったローゼル(ハイビスカス)のお土産をいただきました。


        講師の監修の書籍は下記です。
        足元にある、大切なもの。石垣島ハーブ暮らし


        ハーブティのブレンドは慣れもあるようで、これをきっかけに色々なハーブを買ってみていろいろ試してみようと思います。

        話は変わりますが、検定テキストではカモミールティーにはミルクが合うと書いてあります。

        ハーブティーはミルクを入れずに飲むものという固定概念があり、ミルクを入れたことはありませんでした。

        先日ウェスティンホテルのテラスでカモミールミルクティーがあったので、飲んでみたらミルクが合うと分かりました。

        色々トライしてみるということは大切です。

        メディカルハーブベーシックセミナー(プログラム1)

        • author: Akiko
        • 2017.12.15 Friday
        • 0

          2017年12月3日(日)TYPガーデンシティ竹橋

          メディカルハーブコーディネーターになって初めてのセミナーです。
          例年なら赤羽の子どもひろばに参加してたのですが、今年は人手不足で参加できなかったので、
          ハーブセミナーに出席しました。

          プログラム1「植物の色素を学ぶ 〜香りと色で楽しむバスソルト〜」

          あらかじめ出席者がグループ分けされていて、テーブルにはハーブと天然塩が用意されていました。


          植物に含まれる色素について勉強しました。

          クロロフィルは葉緑素で緑色
          カロテノイドはニンジンのカロチンやトマトのリコピンなど赤やオレンジ
          フラボノイドはポリフェノールの一種で黄色
          アントシアニンはハイビスカスやブルーベリーに含まれる青から紫、赤色の幅広い色



          ウスベニアオイはアントシアニンを含み、ハーブティは青紫色になります。(写真右下)
          レモン汁やクエン酸といった酸性の物を入れるとピンクに変わります。(写真左)
          重曹(アルカリ性)を入れるとより青くなります。(写真右上)


          写真の左側はウスベニアオイを天然塩に加えて揉むと、色素(アントシアニン)が水溶性のため色が付きます。

          右側はカレンデュラですが、カロテノイド(ルイテイン・リコピン)が脂溶性のため揉んでも色が付きません。

          カロテノイドの中でもクロシンだけは水溶性で色が出ます。
          クロシンを含むのはクチナシやサフランです。


          写真左のビーカーにはクチナシ、右にはハイビスカスが入っています。
          お湯で色素を抽出しました。

          十分に色素が出た所で、少量を天然塩に加えてます。


          クチナシで着色したほうには、カレンデュラのトッピング(右)
          ハイビスカスで着色したほうにはローズのトッピング(左)が入っています。

          実際にハーブを使って実験をしたり、バスソルトを作れたのでとても楽しかったです。

          バスソルトは2週間以内に使用するように言われました。
          ハーブが新鮮でないと香りが飛んでしまいますし、変色も起こります。

          このトッピングの量のハーブではそんなに香りは出ませんでした。
          香りはアロマテラピーの精油を加えたほうがしっかり楽しめますね。

          ピエラ炭酸泡クレンジングパック発表会

          • author: Akiko
          • 2017.12.14 Thursday
          • 0

            日本化粧品検定協会の会員としてタイトルの発表会に参加することができました。

             



            炭酸パックは数年前から話題になっていますが、2種類の液(ジェル)を混ぜて顔に乗せるものが多いと思います。

            ピエラの新発売のパックは、液を混ぜる必要はなく、シートパックになっているため、自分で泡を顔に広げる必要もなく、
            顔に乗せるだけです。

            以前使っていたサロン用の炭酸パックの場合、お風呂で座っているとパックが垂れてくるのが問題でした。

            ピエラのパックは、時間がたつとモコモコに泡がでてくるのですが、シートがしっかり顔に付いているのと、泡がモチっとしていて垂れないのがとても良かったです。

            空気を通さない特殊はパッケージが開発されたため、このような形で発売可能となったパックとのことですが、
            そのパッケージがかなり厚く、お風呂の中の濡れた手で開けるのには苦労しました。

            いただいたサンプルは、香りはラベンダー、配合エキスはマリーゴールド配合の紫のパッケージのものです。
            保湿したい人向けとなっていますので、パックの後の保湿力は期待できそうです。

            その他、ローズの香りとレモンの香りの2種類のパックもあります。

            毛穴のクレンジングと角質の除去ができるパックになっています。

            パック以外の商品いただきましたので紹介します。

            磨けばわかる瞬間ツヤ爪は、実は他メーカーの既に持っているので、2つを比較してみました。

            肉眼で見る限りどちらも同じくらい爪がピカピカになりました。

            男性が購入しやすいように、フェミニンにせず、黒いパッケージにされたそうです。
            男性も手を見られる仕事の方に是非使ってほしいそうです。

            新感覚シリコンパフは、500円で2個入りです。
            それぞれ形が違うので、顔の部位によって使い分けができます。

            スポンジのように、ファンデーションを吸い取らないので、ファンでの量が少なくて済みます。

            また水洗いした後、ティッシュなりタオルで拭くだけ。
            スポンジはちゃんと乾かさないとカビがつくことも。

            スポンジは材質や硬さによって顔への摩擦と負担がありますが、
            シリコンパフの摩擦は少ないように思いました。

            3D立体シリコンマスクは、他のシートマスクやパックの上にして、蒸発を防ぐこともできますし、
            シリコンマスクだけを使うこともできます。

            耳掛けフックがあるので、ずれないし、フィット感があるのがとてもいいです。
            例えばシートマスクをしながら家事はできないですが、
            上からこのマスクをつければ、歩き回ってもOKです。

            耳掛けのとこでで、サイズ調整もできるようになってます。

            マツキヨなどのドラッグストア、ロフトやドンキなどのバラエティショップで入手できます。
             

            世界のトレンド原料セミナー

            • author: Akiko
            • 2017.11.25 Saturday
            • 0

              11/14に都内某所にて日本化粧品検定協会の会員対象に行なわれたセミナーに参加しました。

               

              化粧品の原料メーカーの方が講師で、世界の化粧品原料について勉強する素晴らしい機会を得ました。

               

              In-Cosmeticsという世界で行われている化粧品原料の展示会での受賞原料がいくつか紹介されました。

               

              お土産としていただいた下記写真のクリームには今年EUで金賞を受賞したパッショラインが配合されています。

              クダモノトケイソウ種子油が実際の化粧品に表示される名称です。

               

              セミナーの後で、メールで成分一覧表を送付いただきました。

              肌に付けた直後はしっとりしています。

              数時間後も肌の乾燥はなく、なかなかいいクリームだと思いました。

              複数の保湿剤が入っている成分一覧表を見て納得しました。

              NanoCap®も保湿剤で、マツモト交商さんが開発した原料です。

               

              ニキビが出やすい生理前でも、ニキビがほとんど出なかったので、

              私には安心して使えるクリームです。

               

              肝心のパッショラインの特徴は、「肌の修復に必要な細胞の増殖&移動を促し、

              表皮〜基底膜〜真皮まで皮膚全体を再構築させる」

               

              パッショラインの効果は使用10日間ではわかりにくいですが、

              1か所このクリームをいただく前に出来ていたニキビ跡がいつもより早く治まった気がします。

               

              この原料だけでなく、他の受賞原料も植物やマリン(海洋性)から作られたナチュラルを意識した原料が多く、

              ラボで作られた人工原料というイメージがなくなりました。

               

              現在のトレンドとして、公害や赤外線から肌を守る成分、ストレスから肌を守る成分、抗シワ、リポソームの説明もありました。

               

              それらの原料が入っている商品は既に市場に出てきています。

              化粧品は進化し続けていると実感しました。

              コスメを読むセミナー「界面活性剤を大解剖」その2

              • author: Akiko
              • 2017.11.21 Tuesday
              • 0

                セミナーで今回いただいたお土産を紹介します。

                 

                 

                ナマラのホットクレンジング

                2度洗いなしで、美容成分がたくさん入っているクレンジングです

                手のひらで馴染ませているとすぐに温かくなってきます。

                洗い上がりはしっとりしています。

                 

                pdcのピュアナチュラルエッセンスローションUV

                コラーゲン、ヒアルロン酸、ロイヤルゼリーエキスが配合されています。

                無香料、無着色、SPF4。

                こちらは友達にプレゼントしたので、使い心地はわかりませんが、

                同じメーカーの他のジェルなどは気に入っています。

                 

                オルビスのアロニア羊羹

                30周年記念の羊羹で限定商品です。

                羊羹が好きな方には楽しめる味のようです。

                 

                コーセーのジュレームアミノ

                シャンプーとコンディショナーを使いました。

                仕上がりは軽いけど、潤いはありました。

                傷んだ髪の修復をする成分が入っています。

                コスメを読むセミナー「界面活性剤を大解剖」その1

                • author: Akiko
                • 2017.11.20 Monday
                • 0

                  日本化粧品検定協会のセミナーは界面活性剤の勉強でした。

                  残念なことに界面活性剤は悪者扱いされているように思います。

                  化粧品は水分と油分をちょうどいいバランスで使い心地がいいように配合されていて、
                  水と油を混ぜるには界面活性剤が必要になります。

                  今回はそんな界面活性剤の知識を知るいい機会だったと思います。

                  第1部「界面活性剤の真実」ではどんな種類があるのか説明がありました。

                  詳細はここでは記載しません。

                  興味がある方はぜひ日本化粧品検定の1級対策テキストを参照下さい。
                  https://cosme-ken.org/

                  実際に水の油分が入っているボトルに界面活性剤を入れるとどうなるのか実験をしました。

                   

                  左の写真の上部は油分、下部の青い液体は水、そこに界面活性剤を1滴落とすと、乳化したものが下に沈んでいます。

                  界面活性剤を全部入れると中央の写真のように、油分と水が混ざります。

                  攪拌すると、右の写真のようにとろみが出ます。



                  第2部「界面活性剤にまつわるウソ・ホント」では以前はラウリル硫酸Naという洗浄力はあるが、肌にダメージを与える成分が使われていました。それが界面活性剤は肌に悪いというイメージを与えたという話がありました。

                  現在、ラウリル硫酸Naはほどんと使われていません。

                  代わりに、ラウリルよりマイルドなラウレス硫酸Naが使われています。

                  上記の洗浄力や殺菌力がある成分は洗顔やボディウォッシュなどに使われています。

                  その他の化粧品に使われる界面活性剤はよりマイルドなものになります。

                  メーカーが石油系界面活性剤不使用という記載をしていると、石油系が悪いように聞こえますが、最近は精製の技術が上がっているので、特に気にする必要はないそうです。

                  その時の肌の状態や個人差がありますので、自分に合うものを選ぶと説明されました。

                  複数の界面活性剤が入っていて、毒性のポイントをつけるような成分表の本では、ポイントが高くなってしまう化粧品があります。
                  実は複数の成分を入れることによって、それぞれの特性を生かし、1種類の界面活性剤を入れるより少ない量にしています。
                  単純に点数をつけることはできないとのことです。

                  その後参加者からの質問タイムがありました。

                  最近は泡立てない洗顔をを勧める記事が多くネットに挙がっていることに関しては、
                  立てたほうがよく汚れが落ち、界面活性剤が水と油とよく混ざるため、そのほうが顔への負担が少ないと回答されました。

                  シャンプーやコンディショナーのシリコーンが毛穴に詰まるという悪評についても濡れ衣で、
                  髪に付着して被膜を作るシリコーンがあり、カラー剤が入りにくくなるため、美容師さんに嫌われたのがきっかけだそうです。

                  資生堂や花王のサイトにはシリコーンに関する説明がありますので、気になる方はそちらをご覧下さい。
                  http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/silicone.html
                  http://www.kao.com/jp/qa_cate/shampoo_04_01.html

                  メディカルハーブコーディネーター

                  • author: Akiko
                  • 2017.11.08 Wednesday
                  • 0

                    ディカルハーブコーディネーターに認定されましたので、その報告です。
                    日本メディカルハーブ協会の検定1級合格後に申請しました。

                    ハーブの資格は前から興味があったのですが、
                    なかなか実行に移せずにいました。

                    今回やっと重い腰を上げたわけです。

                    日本アロマ環境協会では、精油の経口(口からの吸収)は勧めていません。

                    植物の効果を内側から得るならハーブティーという手段があると思ったのが、ハーブ検定を受けるきっかけでした。

                    日本ではアロマテラピーの精油は雑貨扱いで、食品ではありません。
                    ハーブティは食品ですから、経口しても安全です。

                    アロマテラピーでできないことを、ハーブが補ってくれるという思いがありました。

                    実際にハーブの勉強をしてみて、やって良かったというのが感想です。

                    本当は1級に合格しても、コーディネーターになる気はなかったのですが、
                    ハーブともずっとお付き合いしたいという思いが、今回の勉強を通じてさらに強くなりました。

                    ハーブティは、精油には抽出されない成分が抽出されるため、精油にはない効果を発揮することもあります。
                    ミネラルやビタミンが抽出されるハーブティもあります。。

                    カモミールジャーマンの精油は効果ですが、カモミールティならそれほど高価ではありません。

                    用途や効能に応じてハーブと精油をうまく使い分けて、より効果的に、そしてお財布にも優しくなりそうです。

                    今後はハーブ関係のセミナーの情報もお知らせしていきます。

                    小石川植物園

                    • author: Akiko
                    • 2017.11.05 Sunday
                    • 0

                      ハーブ園や植物園は郊外にあることが多いのですが、小石川植物園は
                      三田線白山駅最寄りと23区内からは行きやすいということと、歴史があるということで、一度は訪れたい場所だと思います。



                      23区内ということを忘れさせてくれ、ばっちり森林浴ができる素敵な空間でした。

                       



                      ハーブ園ではないので、精油はハーブティでお馴染みの植物を楽しむ場所ではないのですが、樹木が充実しています。

                      ウメ林、ツツジ園、ツバキ園、ソメイヨシノ、アジサイ、ボダイジュ並木など開花に合わせて行くと楽しめます。

                      チャノキとアッサムチャの木がありました。緑茶も紅茶のアッサムも同じ学名Cammellia sinensis(ツバキ科)です。

                       



                      ちなみに精油で使うティートリーの学名はMelaleuca alternifolia(フトモモ科)で、お茶とは品種が違います。

                      ニュートンのリンゴとメンデルのブドウがありました。
                      ニュートンとリンゴの話は有名なので説明はいらないと思います。
                      メンデルはオーストリアの植物学者で、メンデルの法則(遺伝学)を基にワインの味をおいしくするためブドウの品種改良をしました。

                       



                      旧小石川養成所の井戸が残っています。
                      江戸時代、大岡越前に出てくる医師が使っていたのかと思ったら、架空のキャラクターでした。

                       



                      スイフヨウの花が咲いていました。
                      1本の木に白い花と濃いピンクの花が咲いて不思議でした。
                      初めて見たのですが、咲いている間に色が変わる花ということです。

                       



                      薬物保存園があり、アシタバ、クコなど知っている植物がいくつかありました。

                       



                      住所:東京都文京区白山3-7-1
                      入場料:400円
                      休園日:月曜(月曜が祝日の場合は火曜)

                      ページトップへ戻る▲