• 1/10PAGES
  • >>

ホットで楽しむ夏のハーブティー

  • author: Akiko
  • 2019.07.28 Sunday
  • 0

    日本メディカルハーブ協会の機関誌に掲載されていたハーブティーのレシピですが、ちょうど家に全てあるハーブだったので、作ってみました。

     

    バタフライピーとペパーミントのティー

    バタフライピー 3g

    ペパーミント 1g

    熱湯 200ml

     

    マルベリーとレモングラスのティー

    マルベリー 2g

    レモングラス 1g

    熱湯 200ml

     

    どちらも5分ほど抽出します。

     

    左が上からペパーミント、バタフライピー、右がマルベリー、レモングラス

     

    上のレシピよりは半分かそれ以下の量です。

    葉や花のハーブは軽いので、1gはかなりの量になります。

    濃いティーが好みの場合はレシピ通りで、薄めが好みの場合は自分にとっての適量にしましょう。

     

    バタフライピーはブルーベリーでおなじみのアントシアニンがあり、ブルーになります。

    私がもっているバタフライピーは少量でも色が濃く出るため、レシピより少なめでもかなり濃い青になりました。

    バタフライピーはほどんど味がありませんので、ペパーミントの味をメインに楽しむティーです。

     

    マルベリーは血糖値上昇を抑える効果があります。味があまりないため、レモングラスの味を楽しむティーになります。

     

    どちらも夏にぴったりなさわやかな味です。

     

    バタフライピーの色素は酸と反応してピンクに変ります。

    レモン汁を入れました。

    濃い青だったため、ピンクにはなりませんでしたが、紫に変化しました。

    これ以上レモン汁を入れるとレモン味しかしなくなるので、これ以上は入れませんでした。

    淡いブルーだとハワイアンブルーの色としてたのしめそうですが、濃い青だと食欲減退カラーですので、飲みにくいです見た目です。

    パープルだとグレープジュースと同じ色だと思えば飲みやすくなります。

    ロバート・ティスランドさん来日インタビュー

    • author: Akiko
    • 2019.07.07 Sunday
    • 0

      ロバートさんは3月に来日し、その時のインタビューがAEAJの機関誌に掲載されました。

      「ティスランド・インスティテュート」の立ち上げ、著作『精油の安全性ガイド 第2版』などについて語っています。

      精油の安全性について書かれた本が他になかったため10年という年月を費やして、アロマテラピーに関する論文を一つ一つ読み込んで、取り上げる意味があるかどうか判断してやっと出来上がったということを知ると、非常に貴重な本だと実感します。

       

      アロマテラピー教室をスタートさせた時に第1版を購入して受講生には紹介していましたが、インタビューを読むと第2版も購入しなければならないと思いました。


      ロバートさんはアロマテラピーは楽しいものですが、安全性を確認してから使うよう日本のユーザーにメッセージを送っています。

      ロバートさんは機関誌に「精油の安全性」について連載記事もスタートさせました。

      その記事の中ではアメリカで精油の有害事情の報告の半分以上が6歳未満の子どもに起きたとあります。

      AEAJでは3歳未満の子どもには芳香浴のみ行い、精油が体に触れる施術は行わないように指導しています。

      3歳以上の子どもでも精油は大人の1/10〜半分に薄めます。

      大人の場合1%に薄めるので、子どもの場合は0.1%〜0.5%になります。

      1%の希釈の場合、10mlのキャリアオイルに対して精油は2滴、0.5%だと1滴です。

      0.1%に希釈する場合は、50mlのキャリアオイルに対して1滴になります。

      上記の数字を参考に、安全にアロマテラピーを楽しんで下さい。

       

      精油の安全性ガイド 第2版

      アロマテラピー検定 公式問題集

      • author: Akiko
      • 2019.05.21 Tuesday
      • 0

        今年に入って初めて公式問題集が発行されました。

         



        私が検定を受けたのは13年前です。
        公式問題集はなく、アロマテラピー検定の歴史もまだ浅く、模試問題を含む参考書は2,3冊しかありませんでした。

        初期は誤植があり、それが答えの誤植だったりして、自分で正しい答えを探す必要もありました。

        現在は多くの参考書が販売されています。
        と言っても、実際の試験と難易度が一緒なのかどうかが分かりません。

        日本アロマ環境協会(以後AEAJ)は過去問を公表していません。

        それのためネット上で実際に試験を受けた人が過去問を勝手に公表していました。

        実は私も過去問を独学支援ブログに書いていました。

        数年後、AEAJから過去問の著作権を理由にネットで公表しないようにお達しがあり、私はそのブログを閉じました。
        (直接連絡があったわけではなく、会員の機関紙に注意喚起が掲載されるようになりました)


        このような経緯があり、やっと公式問題集が発行されたので良かったと思います。

        公式テキストと公式問題集の2冊があれば、十分合格できると思います。

        (参考書を出している出版社は困るかもしれませんね)

        問題集の中身は2級の模試3回分、1級の模試3回分です。

        問題集の中身をみて、13年前の試験と比べて、精油に関する問いが増えているように感じました。

        13年前の記憶なのであいまいかもしれませんが。

        「別名○○と呼ばれる精油を選びなさい」
        「○○○○科の精油を選びなさい」
        「○○のような香りがあり、○○に使われている精油を選びなさい」

        といった問いで、4つの精油の名前が並んでいる四者択一です。

        公式テキストの巻末の精油のプロフィールに書かれている精油に関するエピソードもしっかり読んで覚えるようにしましょう。

        香りのテスト(香りを嗅いでどの精油か答える)が1級では2問から4問に増えました。

        今年からそうなったのか、もっと前にそうなったのは分かりません。

        2級では2問のままです。

        公式テキストはアロマテラピーアドバイザー講座の料金に含まれています。
        公式問題集のほうは、教室で自由に見ていただけるのを1冊置いておきますが、講座費用とは別に希望者には販売もします。

        当選! 希少な植物油(ナチュラルビューティスタイリスト)

        • author: Akiko
        • 2019.04.21 Sunday
        • 0

          3/31までにナチュラルビューティスタイリスト検定に合格するとプレゼントに応募できるということで、合格後にAEAJオリジナル「希少な植物油」のセットに応募しました。

           

           

          数日前に当選したプレゼントが届きました。

           

          ザクロ、プルーン、ブロッコリーの種子のオイル3種類です。

           

           

          それぞれのオイルにはどんな成分が入っていて何にいいのか気になっていたら、私がいつも化粧品材料を購入しているマンデイムーンが仕入れたオイルだということがわかりました。

           

          マンデイムーンのサイトでどういうオイルか紹介されているので、それを参考に使ってみたいと思います。

           

          ザクロオイルはプニカ酸が多く含まれエイジングケアによく、他のオイルに10%程度加えて美容オイルとして使えます。

           

          プルーンオイルはリノレン酸、リノール酸、ビタミンEが入ったオイルでそのまま美容オイルとして使えます。

          フルーティな香りがするので、使い心地よさそうです。

           

          ブロッコリーオイルは潤滑油として知られるエルカ酸とビタミンAが含まれるので、ヘアケアや紫外線を浴びたヘアやスキンにお勧めです。

          ブロッコリーの香りがするオイルなので、他のオイルに10%程度加えて使うのがいいようです。

          新しいアロマテラピー検定公式テキスト

          • author: Akiko
          • 2019.04.18 Thursday
          • 0

            公式テキストは今まで、1級と2級がそれぞれ分かれていました。
            試験範囲が重なっている部分は同じ内容が書かれていました。

            新しいテキストは1級と2級をまとめて1冊となりました。

             



            サイズがA4から、もう少し背が低く、幅が広いサイズとなり、紙質も変わりました。

            それ以上に大きく変わったのが内容です。

            アロマテラピーと地球環境の部分が他の部分に吸収され、内容が少なくなりました。
            地球環境は深く勉強するなら環境カオリスタ検定で勉強して下さいということなのでしょうか。

            健康の部分の内容が大幅にカットされました。
            なくなったのは、栄養の部分、睡眠の部分(レム・ノンレム)、運動の部分(有酸素・無酸素運動)など。
            替わりにビューティにもっとフォーカスしています。

            歴史では、ローマ皇帝ネロやシャーリー・プライスの名前がなくなりました。
            古代エジプトのキフィーが追加されました。

            精油が皮膚から身体へ伝わる経路は充分なエビデンスが確認できないため削除されました。

            アルガン油やシアバターなど追加されたものもあります。

            その他にも細かい変更があり、今後の検定試験は新しいテキストで臨むことをお勧めします。

            11/3の試験に向けた検定コースの日程はまだ未定ですが、新しいテキストを使います。

            4/14(日)癒しカフェ

            • author: Akiko
            • 2019.04.11 Thursday
            • 0

              癒しカフェに出展します。

               

              アロマハンドトリートメント(500円)など行います。

               

              4/14(日)10:10-17:50 

              カフェローゼ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13211654/

              御徒町最寄りです。

               

              会場は10:10スタートですが、私は12時前後にしか到着できないと思うので、ハンドトリートメント希望の方は午後にお越しくださいませ。

              メディカルハーブセラピスト

              • author: Akiko
              • 2019.03.12 Tuesday
              • 0

                日本メディカルハーブ協会のメディカルハーブセラピストのコースを修了しました。
                試験は5月なので、まだセラピストになったわけではありません。

                最後のクラスで作ったカレンデュラのソープです。

                カレンデュラのチンキとインフューズドオイルと花びらと三種カンレデュラが入っています。



                以前受験したメディカルハーブ検定1級では、試験範囲のハーブは16種類でした。

                セラピストになると30種類に増えるので、知識を広げるとともに、アロマテラピーだけでなく、ハーブも含めて自然療法をお伝えできればいいなと思います。

                アロマトリートメント、ヒーリングでお越しの方にはハーブティをお出ししますが、その時にどんなハーブティかをもっと説明できるようになりました。

                11月のアロマハンドセラピスト講座の日程

                • author: Akiko
                • 2018.10.28 Sunday
                • 0

                  下記の日程でアロマハンドセラピスト講座を行います。 

                   

                  ☆ 11/16(金) 12:00-17:00 

                   

                  第10期の受付(2019年1/15-1/31)になります。

                   

                    詳細はこちらから

                  精油のためのワインセラー

                  • author: Akiko
                  • 2018.10.19 Friday
                  • 0

                    精油のためのワインセラーを入手しました。

                    今年の夏は暑かったので、精油の温度管理ができるようにしました。

                    ペルチェ式なので、冷蔵庫と違ってモーター音がなく静かなのが利点です。

                    しかしながら周りの温度に影響されてしまうため、30度を超えた室内では、設定した温度より高くなってしまいます。

                    そのため、少し低めに設定する必要がありました。

                    今年の冬はローズオットーが固まることなく使いやすくなることを期待しています。

                     

                    8本用のワインセラーですが、自分用の精油と販売用の精油でいっぱいになりました。

                    もう少し大きいのも、12本用にしてもよかったかもしれません。

                    8本用ならそれほど場所もとらず、持ち上げて動かすこともできるため、満足はしています。

                     

                    販売用の精油は残りあとわずかです。

                     

                    ベンゾイン5ml、10ml、パチュリ10ml、ジャスミン5mlはあと1本

                    サンダルウッド5mlあと3本

                    詳細はこちら

                    アンチエイジングの化粧品をお試しいただけます

                    • author: Akiko
                    • 2018.10.18 Thursday
                    • 0

                      先月ビューティーフェアにて、プラセンタ、フィロー、EGF、フラーレンといったアンチエイジング成分が入った化粧品のサンプルをいただいたり、購入したりしてきました。

                       

                      サロンにお越しいただいたときにブログの化粧品に興味があるとおしゃっていただければ、お試しいただけます。

                      ページトップへ戻る▲