• 1/3PAGES
  • >>

動物実験をしていないオーガニック化粧品

  • author: Akiko
  • 2015.10.10 Saturday
  • 0

    ドリーン・バーチューの「エンジェル・ライフ」では、食品だけをビーガンにするのではなく、
    その他の日用品においてもクルエリティ・フリー(残虐性がない)を意識する必要があると記載されています。

    友達が以前動物実験をしている会社に勤めていました。
    サルの世話などをしたことがあるそうです。

    有名な日本の化粧品会社からの依頼もありました。
    動物実験は普通に行われているものです。

    (残念ながらアロマの効能の研究でもマウスちゃんが・・・)

    アメリカでは、健康志向のスーパーや食品店に行くと、オーガニックで、動物性の成分を使わず、動物実験をしてない化粧品が当たり前のように売られていました。

    日本ではこのような特別な化粧品は割高ですが、アメリカでは非常に安く買えます。

    いえ、アメリカの薬局に売っている安物よりは割高なんですよ。
    でも日本より物価が安いので、アメリカ製のオーガニック化粧品は、日本の通常の化粧品より安く買えてしますのです。

    エステの学校の先生が、デパートで売られている化粧品より、オーガニック化粧品のほうがクオリティが上と言っていたこともあり、
    クオリティがいいものが、安価で買えるということで、オーガニック食品を扱っているスーパーで化粧品を買うようにしていました。

    私が一番おすすめするのはBWCです。

    Beauty without Cruelty(残虐性のない美)という会社名です。

    レーベルにもしっかり、動物性の原料を一切しようせず、動物実験もしていないと以前は書いてありました。
    今でも、商品により、同様の記載、ビーガン・ベジタリアン商品であることが記載されています。

    アメリカにいる時は、初期の浅いシワだと使っているうちになくなるという商品を私の周りは皆使っていました。

    今の製品のなかで一番近いのが、BWCスキン・リニューアル・ローションかと思います。

    AHA(フルーツ酸)が8%入っています。
    日本の製品は肌が弱い日本人向けに弱く作られているように思います。
    だから8%のAHAは日本製には少ないように思います。

    濃度の低い日本製では効果が薄いという意味で私はアメリカ製が好きなのですが、
    AHAを多用すると、肌が紫外線に敏感になります。
    もし使用される場合は、サンスクリーンを必ずつけてから外出して下さい。

    商品の概要が英語しかないので、簡単に和訳しておきます。

    商品説明

    ・プレミアム・アロマテラピー
    ・若く見える肌のためにAHAを8%配合
    ・100% ビーガン・ベジタリアン
    ・パラベン・フリー
    ・動物実験なし
    ・人工香料なし

    BWCのAHA8%配合のスキン・リニューアル・ローションは保湿を維持する能力を高めると同時に肌のキメと感触を改善します。
    プレミアム・アロマ療法の精油を配合した天然のままのシアバターとククイオイルは肌のトーンと滑らかさと柔らかさを維持します。
    抗酸化のビタミンE、さらにビタミンBと緑茶エキスは最大限の肌の再生をサポートし、若く見える肌を維持するのを助けつつ、環境要因の影響から肌を守ります。

    ご使用の目安
    顔、手、体にトリートメントとして毎日使用して下さい。

    成分は和訳しても、知らない人にはなんのことかわからないので、一部だけ解説します。

    ECOCERT認証のオーガニック成分:カモミールローマン油、カモミールジャーマン油、ゼラニウムローズ油
    植物由来の成分:スクワラン、乳酸

    iherbで初回購入の割引が必要な方は私のコード「DIB328」を入力して下さいネニコッ

    ベジタリアンに必要なサプリ

    • author: Akiko
    • 2015.09.20 Sunday
    • 0

      引き続きドリーン・バーチューの「エンジェル・ライフ」のネタですが、
      ビーガンになると足りない栄養分をサプリで補う必要もあります。

      マルチビタミンン&ミネラル、抗酸化剤(ビタミンCとEなど)、亜麻仁油の摂取を勧めています。

      ビーガン・ベジタリアンでも肉を食べなければいいというものでもなく、オーガニックや遺伝子組み換えをしていないなど良質を勧めていて、サプリについても同様に、オーガニックで、植物性由来の成分だけで作られている信頼できるメーカーを見つける必要があります。

      私は1個でマルチビタミンとミネラルが両方取れるサプリが好きです。
      今摂取しているのはネイチャーメイドのもので、コストコで購入しています。
      安いのですが、動物性成分が入っています。

      ナウ・フーズのデイリー・ビッツ
      オーガニックの文字はないですが、ベジタリアン/ビーガンとは書かれているので、植物性成分だけのサプリです。
      1日1錠で、250錠入り2457円、1日9.8円ですから、いいですね。
      次回はこれに買い替えしよ〜と音譜

      抗酸化作用があるものというとアスタキサンチン!

      化粧品成分を販売しているお店からアスタキサンチンを購入して、自作のローションには入れていますが、摂取したことはありません。

      カニやエビの赤というイメージがあり、植物性というのがピンと来なかったのですが、植物性がありましたよ!!
      緑藻というものから抽出されています。

      ナウ・フーズのアスタキサンチン
      ベジタリアン用です。
      1日の摂取量がちゃんと決まってないようで、記載がありません。
      1日1錠として、60錠で1535円、1日25.5円。

      亜麻仁油は英語ではフラックスシードオイルです。

      オメガ-3が豊富なため、健康に言いのですが、通常のサプリだと魚から抽出されています。
      私が今摂取しているのも魚オイルですので、後で魚くさいのが胃から上がってくるのが難点です。
      次回はフラックスシードオイルに変更してもいいですね。

      残念ながら、今回探してみた結果サプリ(ソフトジェル)ものはゼラチン(動物性)を使っているため、ベジタリアン用ではありませんでした。

      下記紹介はオイルそのものです。
      フラックスシードオイルはまずいので、オイルを飲むのは少し大変ですが、 サラダやパンにつけるなどすればなんとかなりそうです。
      加熱には向いていません。

      1個くらいボトルに入った液体を購入しても一番安い送料で送付可能です。

      ジェロー・フォーミュラズのフラックスシードオイル
      946mlで2563円、1日小匙1-3杯(5-15ml)、1日15ml飲用の場合は、1日40.6円。


      14日の記事で心配したカルシウムの摂取量が減ることに関しては、カルシウム強化食品、硫酸カルシウムを使用した豆腐など植物性食品で補えるようです。
      (もちろんサプリでもOK!)

      シータヒーリングをするとでミネラル不足するためキレート剤のミネラルサプリが必要ということで、以前から下記のサプリを購入しています。

      キレート・カルシウム、マグネシウム、亜鉛
      オーガニックかどうかは記載がありませんが、ベジタリアン・フォーミュラで、動物性成分が入っていません。

      割引が必要な方はコード「DIB328」を入力すると割引適用になります。
      コードを入れると私に紹介手数料が入ってしまうので、見ず知らずの私に手数料が入るのが嫌な人は、コード記入なし、割引なしでご購入下さいませ。

      東洋ベジタリアンの五葷(ごくん)

      • author: Akiko
      • 2015.09.15 Tuesday
      • 0

        前日に紹介したドリーン・バーチューの「エンジェル・ライフ」に触発されて、
        セミ・ベジタリアンに食生活を変えてみようと思っていますと書きましたが、
        外食でベジタリアンとなると大変です。

        インド料理店、精進料理などベジタリアン食が確実なお店はありますが、
        通常は和・中・洋とも難しいです。
        特に和食は魚のだしが問題です。

        ベジマグというサイトではベジタリアン・ビーガンのレストランが紹介されています。
        数は多くないですが、どの程度のベジタリアン度なのか、オーガニックかどうかなど細かいことも分かるようになっていてすごくいいサイトだと思います。

        その中で玉葱のイラストに×がついているお店があり、不思議に思って調べたら、
        精進料理では、五葷(ごくん)というものも禁止しているのだとか。
        ネギ(玉葱)、ニンニク、らっきょ、ニラ、アサツキです。

        全部嫌いな私は五葷(ごくん)を食べない言い分になるなと、ちょっと嬉しです。

        五葷(ごくん)について書いてある記事をいくつか紹介しておきます。

        禅僧の台所
        ハーモニー・ガーデン

        実際に五葷を絶った方の感想がありますが、エネルギーが強くてビーガンには合わないようです。
        HOT LAVA

        本日はもう一冊ドリーン・バーチューの本を紹介します。
        ローフードの本ですが、何時間も乾燥させる機械の電気代を考えて、実行する気が失せた私です。
        準備も半日以上前にしなければいけないし・・・。
        でもちょっと試してみたい気もしています。

        アート・オブ・ロー・リビングフード

        エンジェル・ライフ---「天使を感じる力」を高める方法

        • author: Akiko
        • 2015.09.14 Monday
        • 0

          ドリーン・バーチューの「エンジェル・ライフ」は、スピリチュアルになるには、ベジタリアンまたはビーガンになっていくということが書かれた本です。

          エンジェル・ライフ---「天使を感じる力」を高める方法


          ベジタリアンの種類は、間違った先入観について解説されています。

          独身時代はセミ・ベジタリアンでした。
          全く肉や魚を避けることはなかったのですが、自分で肉や魚を買って調理することはありませんでした。

          夫が肉食なので、結婚後は多少妥協しつつ、野菜もたくさん摂取できるようにはしてきました。

          この本を読んで、完全なベジタリアンになるのは無理でも、1週間に1日ビーガンの日にするとかできないかと、夫に話をしてみました。

          意外にも、夫がOKしました。
          というか、OK以上で、どうせやるなら週に3-4日くらいすべきだと言い出しました。

          もちろんビーガンではなく、乳製品と卵は摂取するということにはなるでしょう。

          いつからスタートするのかは決めていませんが、これから情報収集が必要です。

          ドリーンは上の本の中で、オーガニックな野菜は決して高くないと言いますが、東京の高級なスーパーでは当然割高です。

          地方なら道の駅という手段がありますが、東京23区内で車のない生活では限界があります。

          六本木でヒルズマルシェをやっているのは知っているのですが、
          価格はどうなのでしょうか?

          夫は重い野菜を抱えて、電車2本乗り継ぐ気はないので、
          自転車で行ける範囲内で何か見つけたいです。

          もちろん家庭菜園で多少の無農薬野菜を育てているので、
          もっと夫に頑張ってもらわねばなりません。(夫の菜園ですからね〜)


          ホームベーカリーでパンを焼くときは、前からバターではなく、オリーブオイルを使っています。

          牛乳を豆乳に変えるのは難しいです。

          私は脂肪の味が嫌いなので、無脂肪牛乳しか飲まないのですが、
          (だからカフェも無脂肪牛乳がないドトールより無脂肪牛乳があるスタバが好き!)

          日本では無脂肪豆乳が入手できません。

          オシックスが低脂肪豆乳を扱っているのですが、
          1Lパックではなく、少量の個包装で割高です。

          そういえば、オシックスのようなオーガニックな宅配スーパーで野菜を買う手もありますが、
          割高感があるのと、野菜は写真と同じものが届くとは限らないので、思ってたより小さいものが届く場合が考えられます。

          容量や数量が決まっている商品を買うのはいいのですけどね。

          宅配スーパーの大半が、無脂肪牛乳と無脂肪ヨーグルトを扱ってないので、
          以前から営業の人が来ると、それを理由に断っています。

          コストコだとライスミルクがあるので、今度買ってみようかと思っています。
          コストコ価格だと、牛乳と価格はあまり変わりません。
          成城石井だと高そう。。。
          こちらは無脂肪ではないのですが、豆乳より味はあっさりしているようです。

          ヨーグルトは整腸のため辞めようとは思っていないので、
          すぐに代用品は必要ないですが、牛乳辞めるとカルシウムを他の食品から摂取することも考えなくてはなりません。

          お肉の変わりに、豆類を買いたいのですが、アメリカ製のひよこ豆、レンズ豆などの缶詰が安く買えるお店がなくなって、しばらく買っていません。

          日本製は、さらに割高。

          ネットでドライビーンズが安く買えるお店があったらしいので、
          夫がこれから同じお店か、同様のお店を探してくれます。

          ドリーンの本はまだ読み終わってないので、また感想があれば、何か書くかもしれません。

          AEAJ第22回専門セミナー 講演者関連図書

          • author: Akiko
          • 2015.09.13 Sunday
          • 0

            小森教授の著作は高価な専門書だけですので、 教授とは無関係ですが、
            アロマテラピーとうつに関連した他の著者の書籍を紹介します。

            医師がすすめる「デトックス・アロマセラピー」―香りをかぐだけで肥満、アトピー、うつも撃退!


            人事・労務担当者のためのリワーク活用マニュアル ~うつ病休職者の失敗しない職場復帰のために~



            外池教授の著作

            匂いとヒトの脳―脳内の匂い情報処理(香り選書 17)


            匂いと香りの科学

            『日本人はなぜ環境問題にだまされるのか』

            • author: Akiko
            • 2015.03.05 Thursday
            • 0

              日本人はなぜ環境問題にだまされるのか (PHP新書)


              ホンマでっかTVでおなじみの武田邦彦先生の著作です。

              他にも環境問題の本は執筆されていますが、このタイトルに引かれるものがありました。

              例えば、以前は寒冷化の心配をしていて、研究をしていたことがあるとか、
              地球誕生から長いスパンでみるとCO2(二酸化炭素)の量はは少なく、多少増えても問題がないこと、
              必ずしもCO2の量と気温が比例していないことなど、興味深い内容がありました。

              私は高度経済成長のなか、エコな教育を受けていないからいいのですが、
              今の子供さんは教科書に間違ったことが掲載され、CO2を出してはいけないと教わるそうです。

              教科書の内容に限らず、TV番組、新聞の記事には本当に注意が必要です。

              日本のジャーナリズムって、真実を伝えることが一番大切ではありません。

              政府の意向と金銭的な絡みで内容が決まるようですので、
              エコを行うと誰が得をするのかという裏も読む習慣は必要です。

              政府としては、国民が無知なほうがいいんです。
              嘘を信じて、黙って税金をたくさん払う国民のほうが扱いやすいですから。

              日本人とエコの話をすると、エアコンをガンガンに使って、リサイクルしてないと多分人格を疑われますよね。

              日本のメディアに洗脳されてない欧米人の夫と話をしていると、結構目からうろこです。

              日本の国家は多分国民主権のはずなので
              (でも内閣総理大臣や消費税を上げるかどうかを国民全体の投票で決めたりは出来ない・・・ので多分と書きました)
              主権を奪われないよう、騙されない賢い国民になりたいです。 他の著作も紹介しておきます。

              新聞・テレビは「データ」でウソをつく


              エネルギーと原発のウソをすべて話そう


              逆説! エコの常識

              Manaさんの著作

              • author: Akiko
              • 2015.02.14 Saturday
              • 0

                『空(くう) 舞い降りた神秘の暗号』


                『空(くう)―天翔(あまか)ける歓喜の弥栄(いやさか)』


                『空 豊穣の狩人』


                友達に勧められたのは随分前なのですが、川崎の図書館になくて、北区の図書館にはあったので、借りました。

                3部作で、私たちが空の存在であることが説明されています。
                友達いわく、同じようなことが書いてあるので、1冊でもいいかなとのことです。

                ただ、1回読んでも頭で分かっても、日常生活に追われていると忘れてしまいがち。

                間隔を置いて、1冊ずつ読むと良いかもしれません。

                最初の2冊は返却しているので、引用など出来ませんが、

                空という存在の私たちは、パイプのようなもので、周りの人やメディアからの情報がパイプを中をただ流れて、出て行くだけという説明はとてもいいなと思いました。

                しかし、実際の私たちは、流れて出て行くだけの情報が、パイプの中にこびり付いて、詰まったりして、私たちに影響を与えているのです。

                こういう情報や考え方があると知っているだけでいいのです。
                私は私、人は人です。


                最初の2冊は高次な知識の説明という印象ですが、3作目の『豊穣の狩人』はお金の話や欲について書かれているので、3次元での生活に必要な本という印象です。

                2作目でも、お金を使っても減らない話がありましたが。


                3作目からいくつか気になった文章を引用します。


                「スピリチュアルな道とは、欲や夢の現実化の道なのです。」

                − 仏教における悟りでは、煩悩(欲も夢も)捨てます。だから、欲や夢を現実化することは罪という思考パターンが入ってたりするものです。
                Manaさんの言うことを簡単に言うと、欲しいものを欲しがるのではなく、既にあると思うことです。
                引き寄せの本でもよく言われていることです。

                「人間肉体の加齢臭は、人間意識のときに起こってくるもので、先の神柱になっていくと加齢臭も怒ってきません」

                −加齢臭って、食生活と老化が原因と思ってましたが、意識の問題もあるようです。
                意識が高い人なら、不健康な暴飲暴食しないでしょうしね。


                「本当のパワースポット(豊かな神の社)は、優雅な宮殿であったり、豊かエネルギーを放つ物理的なモノや人物が存在している場所のことなのです。」

                −神様など肉体を持たない存在には、お金のことは分かりません。宗教的な場所は、清貧っぽい意識エネルギーで構築され、豊かさに関する情報が得られないそうです。

                「金利が低いとか、金利がないことはベストなことだ。なぜなら、お金は寝かせて増やすマネーゲームのために存在していないから」

                −すみません。寝かせてます。でもバブルの時に比べたら、寝かせる価値があるのかどうか微妙な低金利です。。。

                「『老後はこれだけのお金が必要!』というのもコントロールです! なぜなら、ゆったりノンビリされては困るからです。(中略)ゆったり楽しく生きていられると、そのイヤサカなる周波数と洗脳支配ぷグラムの周波数とが一致連結しなくなり、人を支配できなくなるからです。」

                −こういうコントロールはいやなので、ネットでそういう情報を見ても、基本は読まない、覚えない、気にしないで生きています。

                3冊読んでみて、新たな気付きがあり、なかなか有意義でした。

                せんせい、誤診です!

                • author: Akiko
                • 2014.10.04 Saturday
                • 0

                  せんせい、誤診です! ~ホラー漫画家の本当にあった怖い闘病~


                  山本まゆりさんは私のお気に入りのホラー漫画家さんの一人ですが、いつものホラーとは違い、実際に体験されたドキュメンタリーになっています。

                  生理が止まり、どんなにダイエットしても瘦せにくくなり、数年後には目も見えにくくなった結果、脳下垂体腫瘍というマレな病気が原因だと分かりました。

                  同時進行でお母様の病気、介護も経験し、ヘビーな内容なはずなのですが、ホラー漫画家と言っても、ドロドロしてなくて、コミカルな部分もあり、軽く読めてしまいます。

                  生理が止まってから、手術に至る前に10年くらいかかっていますが、脳に原因があると行き着くチャンスを逃していらっしゃる。

                  ご友人の婦人科の主治医は脳(下垂体)に原因があることも疑うと言っていたということを聞いているのに、まゆりさんの主治医はそこまで行き着かず、ホルモン剤治療に留まってしまいます。

                  お母様の目が見えにくくなった原因は確か脳梗塞だったと思いますが、ご本人の目についても脳を疑ってCTをそのときに取るところまで余裕がなかったようです。

                  とはいえ、当事者となるとなかなか自分のことは分からなかったりするし、まさか自分に腫瘍があるなんて誰も疑わないものなんでしょう。

                  9/13の日記に書いた勉強会で婦人病についての話が出たとき、女性ホルモンのバランスを整えるためにどこにヒーリングのエネルギーを送るのかという質問がありました。

                  女性ホルモンが分泌されているところは卵巣なのですが、その卵巣にどのくらいホルモンを分泌するのか指令をするホルモンを出しているのは脳下垂体なのです。なので、脳下垂体にもエネルギー送ることを提案しました。

                  アロマセラピストでちょっと解剖をかじった私でも思いつくのですから、医学部を卒業した医者なら知っていて当然のことなのです。

                  が、医者は残念ながら、自分の専門に集中されるため、子宮の専門医は脳は見ません。

                  先日子宮頸がんの検査日を間違えて行ったら、乳がんの日で、乳がんの専門医は子宮が見れないので、出直して欲しいと言われました。婦人科医なら、子宮も乳も両方見れるのではないかと思うのですが。。。

                  現代西洋医学の問題点が浮き彫りになっています。

                  ダイエットのドキュメンタリーもありまして、いろいろなダイエットを試したそうで、「ブートキャンプ入隊」という文字とともに、懐かしいビリー隊長の挿絵もありました。

                  巻末には医師とのインタビューが掲載されています。医師からのアドバイスもありますので、機会があれば是非読んで下さい。


                   

                  薬は飲んではいけない!?(その2)

                  • author: Akiko
                  • 2014.09.04 Thursday
                  • 0

                    クスリは飲んではいけない!?の著者の船瀬さんは医師ではありません。
                    素人の意見を批判する医師や看護師が必ずいるので、この本に出ている参考文献を紹介します。

                    アメリカのロバート・メンデルソン医師の著作『医者が患者をだますとき 』


                    母里啓子医学博士の著作『インフルエンザ・ワクチンは打たないで!』


                    安保徹医学教授の著作『「薬をやめる」と病気は治る―免疫力を上げる一番の近道は薬からの離脱だった』


                    鶴見隆史医師の著作『最強の福音! スーパー酵素医療』


                    岡田 正彦教授の著作『がん検診の大罪 』


                    大櫛陽一教授の著作『メタボの罠―「病人」にされる健康な人々』


                    長谷川 元治医学博士の著作『日本人よコレステロールを恐れるな』


                    他にも引用されている書籍はありますが、紹介はこのへんでやめておきます。 紹介はしましても、読んではいませんので、既に読んだ人は感想などコメントをお願い致します。

                    薬は飲んではいけない!?(その1)

                    • author: Akiko
                    • 2014.09.03 Wednesday
                    • 0

                      クスリは飲んではいけない!?


                      先日図書館で何気に見つけた本を紹介します。
                      この本を読むと、薬が怖くて飲めなくなります。

                      脱法ハーブが絡む事故が増加してますが、実は報道されてないだけで、医師に処方された薬が自殺、傷害、通り魔事件を起こしている可能性について言及されています。

                      また、医者が治療に使っている『ガイドライン』を作成している医師は製薬会社から多大なる寄付金を受け取っているということを暴露しています。

                      この本の内容には、一部は既に知っていたことですが、
                      ゾットするような内容もあり、薬を大量に処方する医師には注意が必要です。

                      私は基本的には薬は常用しません。

                      この本に書いてある風邪の薬は、風邪を治すのではなく、体が自然にウィルスを退治しようとしている症状を無理に抑えるだけなどは、知っていました。

                      会社が休めない時などは、医者の薬に頼ることもありますが、最初は1日2-3回、少しよくなったら、1日1回、治りかけたら飲まないようにしていました。

                      と言っても、アロマテラピーとヒーリングで風邪はひかなくなりました。
                      アロマテラピーで予防しているのが効果高いと思います。

                      インフルエンザのワクチンは年齢的に小学校で強制的に打たれていたようですが、
                      効かないと分かっているので、大人になってから打ったことはありません。

                      母は偏頭痛と便秘のため、頭痛薬と便秘薬を常用しています。
                      だから、薬で頭痛と便秘が治らないのも知っています。

                      根本的な原因を治すわけではないので、薬を飲むより、原因となっている生活習慣を変えることが大切なんですけどね。

                      同じ薬を飲み続けると耐性ができて効かなくなるため、薬をどんどん変えていったり、過剰摂取する人もいるの知っていました。

                      常備薬として、1日4回以上の狭い間隔での摂取、1度に2回分飲むなどははっきり言って中毒です。
                      麻薬と変わりないという意識がない人が多いのではないでしょうか?

                      アトピーのステロイド薬害についても、アトピーの友達から聞いているので知っていました。


                      初めて会った医師が、1回だけの結果で、高血圧だからと薬を処方する場合は注意が必要です。
                      特に医者嫌いの男性ですが、病院に行くだけで緊張して血圧があります。

                      その結果、高血圧でない人が高血圧の薬漬けにされる恐れがあります。

                      私の父は幸い良心的な医師にめぐり合い、高血圧の薬漬けにはされませんでした。

                      その医師の診療を初めて受けた時、父の血圧は高かったのですが、
                      その医師は男性は病院に来ると普段より血圧が高くなることが女性より多いと説明して、
                      父に普段から血圧を測っているか聞きました。

                      父は血圧計を持っていて、時々測っていたため、普段の血圧を医師に伝えたのも幸いしました。

                      私の夫も病院で測ると高血圧です。
                      父から上の話を聞いて、ヨドバシカメラで夫の血圧を測ったら、高血圧ではありませんでした。

                      血圧は定期的に測ってみないと、高血圧なのかどうかの判断は難しいのです。

                      この本では、昔の高血圧の基準は上180だったのが、薬を売りたい人の策略で130まで下げられたように書かれていますが、WHO(世界保健機構)の基準が、通常高血圧130以上、軽度の高血圧140以上になっています。

                      私は生理痛でバファリンを飲んだときに、痛みは消えたけど、胸焼けがひどくなり、胸焼けより生理痛のほうがましだと思い、生理痛で薬を飲むのを辞めました。

                      ヨガやアロマで軽減されたので、今は多少痛みがあるときがあっても、気にしていません。

                      胸焼けや胃のもたれで胃薬を飲む人もいると思いますが、
                      私は病気ではないので、飲んだことがありません。

                      原因は、脂っこい食事、食べすぎなので、食べたことを反省して、脂にはウーロン茶、食べすぎには消化にいいハーブティーを飲むくらいです。

                      大切なことは、いい胃薬を探すことではなくて、食事に気を使うことです。

                      著者の船瀬さんは、断食療法、菜食、瞑想、ヨガ、運動、カウンセリングなどを勧めています。

                      レイキも勧めていますが、漢字が「霊起」と間違っていました。
                      正しくは「霊気」です。

                      ページトップへ戻る▲