メディカルハーブベーシックセミナー(プログラム2)

  • author: Akiko
  • 2017.12.17 Sunday
  • 0

    プログラム2 「メディカルハーブでブレンドティーを楽しむ」
    講師:日本メディカルハーブ協会理事 金田太朗氏

    メディカルハーブ検定で試験範囲の15種のハーブが会場に用意され、
    それぞれのハーブの特徴や味について勉強しました。

    グループで与えられたテーマに沿ったブレンドハーブティーを実際に作りました。

    私が参加したグループのテーマは「風邪」でしたので、風邪ひきの初期向けとして下記のレシピで作りました。

    エルダーフラワー
    エキナセア
    カモミール
    ローズヒップ
    リンデン

    飲んだ感想は、いかにもハーブティという印象です。
    ハーブティに慣れてない人には、ハーブすぎて飲みにくいかも。

    カモミールは味が強いので、エルダーフラワーをメインにして、カモミールの量を減らし、5:2にしたのですが、
    思っていたより、カモミールが強かったです。


    抽出時間は5分でしたが、ローズヒップは15分くらいかけたほうがいいということもあり、
    時間がたつと、ハーブティの色がオレンジかかってきて、味もまろやかになりました。

    他のグループのハーブティも1種類だけ味見しました。
    レシピは覚えていませんが、ペパーミントをうまく隠し味に使っていました。
    ペパーミントも味が強いので、他より少な目に入れるほうがいいハーブです。


    講師が石垣島から帰ってきたばかりで、現地のJAでかったローゼル(ハイビスカス)のお土産をいただきました。


    講師の監修の書籍は下記です。
    足元にある、大切なもの。石垣島ハーブ暮らし


    ハーブティのブレンドは慣れもあるようで、これをきっかけに色々なハーブを買ってみていろいろ試してみようと思います。

    話は変わりますが、検定テキストではカモミールティーにはミルクが合うと書いてあります。

    ハーブティーはミルクを入れずに飲むものという固定概念があり、ミルクを入れたことはありませんでした。

    先日ウェスティンホテルのテラスでカモミールミルクティーがあったので、飲んでみたらミルクが合うと分かりました。

    色々トライしてみるということは大切です。

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲