スパ発のウェルネススキンケアブランド

  • author: Akiko
  • 2018.10.26 Friday
  • 0

    日本化粧品検定協会からLapidem Tokyoの World Luxury Spa Awards受賞及び
    高級spaの新スキンケアブランド発表会に招待いただきました。

     

    ラピデムは赤坂にあるスパで、もともとは業務用の化粧品を扱っていたのですが、この度スパでも使えてホームケアでも使えるファイブエレメンツというシリーズを発表されました。

     

    World Luxury Spa Awardsはイギリスの賞で、3部門で受賞されたそうです。

     

    ファイブエレメンツというのは陰陽五行説の考えを取り入れ、原料にこだわり、できる限り植物由来の成分だけで作られた化粧品です。

     

    石油系界面活性剤、鉱物油、合成着色料、合成香料、パラベン、フェノキシエタノールなど全て使用されていません。

     

     

    開発に携わった方は、通常のメーカーはコストの上限があり、安い成分を使うなどするわけですが、ラピデムの開発では、コストは度外視して、より良い化粧品作りを目指したそうです。

     

    決して安い化粧品ではないですが、その割にはそんなに高くないと思います。

     

    香りは精油を使っていますが、微香ではないですが、ロクシタンほど強すぎず、日本人にはちょうどよい強さだと思います。

     

    サンプルとしていただいたのは、5品です。

     

     

    左端から順に紹介します。

    AGモイスチャークレンザーはメイクを落としながら、潤いを残すリッチなクリームタイプです。水溶性プロテオグリカンが入っていて、洗い流すクレンザーにはもったいないくらいリッチです。

    メイク落としとしてだけでなく、洗顔料として朝も使えます。

    肌によく馴染み、洗顔後にローションと乳液を忘れていても大丈夫なくらい肌が突っ張りません。

     

    ピュアセラムローションはとろみがあり、日本酒由来のルグリセルギリコシドや水溶性プロテオグリカンが配合された潤い力が高いローションです。

     

    リペアジェリークリームは少量でもよく伸び、潤いだけでなくハリも与えてくれるクリームです。

    ヒアルロン酸とコラーゲンの生成を高める成分が入っています。

     

    バス&マッサージオイルは陰陽五行に戻づいて、5種類あります。

    いただいたのは、チャージで水(冬)に相当します。

    内分泌系や水分補給にいいそうです。

    キャリアオイルは、セサミ、アルガン、ホホバ、マカデミアナッツ、月見草など(5種ともに共通)

    精油はジュニパーベリー、ゼラニウム、タイムが入っています。

    オイルのままマッサージできますが、ソルトに混ぜてマッサージしてから、洗い流さずにそのまま浴槽に使って、バスソルトとして楽しむ方法も紹介されました。

     

    クリームの後ろにある白い袋は柚子のバスソルトです。

    非売品とのことで、多分スパご利用のお客様に配られているのでしょう。

    ユズ果皮とユズ油が入った、柚子づくしのバスソルトです。

    ユズ湯に入っている気分です。

     

    その他の商品説明も詳しくしていただきました。

    その後はフェイシャルトリートメントのデモストレーションがありました。

     

    上記で紹介した化粧品は、トリートメントを受けた時でも、受講の時でも、いつでもお試しいただけます(なくなり次第終了します)。

     

    販売はしていませんので、購入の際は直接ラピデムにてよろしくお願いします。

     

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲