メディカルハーブベーシックセミナー2018

  • author: Akiko
  • 2018.12.03 Monday
  • 0

    メディカルハーブ ベーシックセミナー in 東京

    2018年12月2日(日)

     

    Program 1 「植物たちは、すごい!」 田中修氏

     

    光合成の力というのは、例えば1粒のお米を植えると、約20本の穂がなり、1つの穂には約80粒の米た実るので1600粒を作り出すことができます。しかも光合成に必要なのは水と二酸化炭素と日光とコストがかかりません。

     

    植物にも人間と同じように、活性酸素と紫外線の悩みがあります。

    植物の抗活性酸素成分にはビタミンCがあります。

    植物がもつ色素には虫を寄せ付ける、種子を紫外線から守る役割があります。

    より多く紫外線に当たると色が濃くなります。

     

    植物のビタミンや色素は人間の健康も守ってくれています。

     

    そこで、フレンチ・パラトックスとジャパニーズ・パラドックスの説明がありました。

     

    フレンチ・パラドックスは赤ワインのおかげで脂肪分が多い食事でも心臓病が少ないことから言われています。

    赤ワインにはアントシアニン、カテキン、タンニンといった抗酸化成分と、レスベラトロールというサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)の活性化する成分が入っています。

     

    ジャパニーズ・パラドックスは喫煙率が高く、野菜と果物の摂取が少ないのに長寿という矛盾点のことを言います。

    大豆(イソフラボン)、枝豆、お茶(抗菌効果があるカテキン)、シソ(アントシアニン、老化予防のDDC)、ゴマ(抗酸化のリグナン)といった和食の植物が日本人の健康に貢献しています。

     

    最後は苺よりビタミンCが多い柿のタンニンの脱渋の話がありました。

     

          

     

     

    Program 2 「メディカルハーブでテーマに沿ったブレンドティーをつくろう」

     

    メディカルハーブ検定に出てくる15種のハーブの説明の後、グループ別でテーマにそったブレンドティーを作りました。

     

    私のグループのテーマは不眠でしたので、下記のブレンドにしました。

     

    ジャーマン・カモミール 3

    リンデン 4

    パッションフラワー 2

    ハイビスカス 1

     

    不眠のハーブ代表のカモミールとリンデンの両方を使いました。

    どちらも香りが特徴がある花のハーブなので、ケンカしないようにリンデンをメインにして、カモミールはリンデンより少なくしました。

     

    パッションフラワーはあまり主張しない味のハーブですが、不眠にもいいので、少し入れてみました。

     

    目でも楽しめるように色を付けたくハイビスカスを少々加えました。

    カモミールの黄色とハイビスカスの赤が混ざって汚い色になることを心配しましたが、赤ワインのような濃い赤になり、おいしそうに見えてちょうどよかったです。

     

     

    味は、心配していたカモミールとリンデンのケンカはなく、どちらの味もちょうどいいバランスになっていました。

    この2つのハーブがハイビスカスの酸っぱさをうまく抑えていて、飲みやすかったです。

    パッションフラワーはわき役としてかすかに味がしていました(と講師の説明でありました)。

     

    時間を置いてしまうと渋みが出たので、時間は3分をきっちり守るのがいいと思いました。

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲