アロマテラピー検定 公式問題集

  • author: Akiko
  • 2019.05.21 Tuesday
  • 0

    今年に入って初めて公式問題集が発行されました。

     



    私が検定を受けたのは13年前です。
    公式問題集はなく、アロマテラピー検定の歴史もまだ浅く、模試問題を含む参考書は2,3冊しかありませんでした。

    初期は誤植があり、それが答えの誤植だったりして、自分で正しい答えを探す必要もありました。

    現在は多くの参考書が販売されています。
    と言っても、実際の試験と難易度が一緒なのかどうかが分かりません。

    日本アロマ環境協会(以後AEAJ)は過去問を公表していません。

    それのためネット上で実際に試験を受けた人が過去問を勝手に公表していました。

    実は私も過去問を独学支援ブログに書いていました。

    数年後、AEAJから過去問の著作権を理由にネットで公表しないようにお達しがあり、私はそのブログを閉じました。
    (直接連絡があったわけではなく、会員の機関紙に注意喚起が掲載されるようになりました)


    このような経緯があり、やっと公式問題集が発行されたので良かったと思います。

    公式テキストと公式問題集の2冊があれば、十分合格できると思います。

    (参考書を出している出版社は困るかもしれませんね)

    問題集の中身は2級の模試3回分、1級の模試3回分です。

    問題集の中身をみて、13年前の試験と比べて、精油に関する問いが増えているように感じました。

    13年前の記憶なのであいまいかもしれませんが。

    「別名○○と呼ばれる精油を選びなさい」
    「○○○○科の精油を選びなさい」
    「○○のような香りがあり、○○に使われている精油を選びなさい」

    といった問いで、4つの精油の名前が並んでいる四者択一です。

    公式テキストの巻末の精油のプロフィールに書かれている精油に関するエピソードもしっかり読んで覚えるようにしましょう。

    香りのテスト(香りを嗅いでどの精油か答える)が1級では2問から4問に増えました。

    今年からそうなったのか、もっと前にそうなったのは分かりません。

    2級では2問のままです。

    公式テキストはアロマテラピーアドバイザー講座の料金に含まれています。
    公式問題集のほうは、教室で自由に見ていただけるのを1冊置いておきますが、講座費用とは別に希望者には販売もします。

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲