ロバート・ティスランドさん来日インタビュー

  • author: Akiko
  • 2019.07.07 Sunday
  • 0

    ロバートさんは3月に来日し、その時のインタビューがAEAJの機関誌に掲載されました。

    「ティスランド・インスティテュート」の立ち上げ、著作『精油の安全性ガイド 第2版』などについて語っています。

    精油の安全性について書かれた本が他になかったため10年という年月を費やして、アロマテラピーに関する論文を一つ一つ読み込んで、取り上げる意味があるかどうか判断してやっと出来上がったということを知ると、非常に貴重な本だと実感します。

     

    アロマテラピー教室をスタートさせた時に第1版を購入して受講生には紹介していましたが、インタビューを読むと第2版も購入しなければならないと思いました。


    ロバートさんはアロマテラピーは楽しいものですが、安全性を確認してから使うよう日本のユーザーにメッセージを送っています。

    ロバートさんは機関誌に「精油の安全性」について連載記事もスタートさせました。

    その記事の中ではアメリカで精油の有害事情の報告の半分以上が6歳未満の子どもに起きたとあります。

    AEAJでは3歳未満の子どもには芳香浴のみ行い、精油が体に触れる施術は行わないように指導しています。

    3歳以上の子どもでも精油は大人の1/10〜半分に薄めます。

    大人の場合1%に薄めるので、子どもの場合は0.1%〜0.5%になります。

    1%の希釈の場合、10mlのキャリアオイルに対して精油は2滴、0.5%だと1滴です。

    0.1%に希釈する場合は、50mlのキャリアオイルに対して1滴になります。

    上記の数字を参考に、安全にアロマテラピーを楽しんで下さい。

     

    精油の安全性ガイド 第2版

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲