ホットで楽しむ夏のハーブティー

  • author: Akiko
  • 2019.07.28 Sunday
  • 0

    日本メディカルハーブ協会の機関誌に掲載されていたハーブティーのレシピですが、ちょうど家に全てあるハーブだったので、作ってみました。

     

    バタフライピーとペパーミントのティー

    バタフライピー 3g

    ペパーミント 1g

    熱湯 200ml

     

    マルベリーとレモングラスのティー

    マルベリー 2g

    レモングラス 1g

    熱湯 200ml

     

    どちらも5分ほど抽出します。

     

    左が上からペパーミント、バタフライピー、右がマルベリー、レモングラス

     

    上のレシピよりは半分かそれ以下の量です。

    葉や花のハーブは軽いので、1gはかなりの量になります。

    濃いティーが好みの場合はレシピ通りで、薄めが好みの場合は自分にとっての適量にしましょう。

     

    バタフライピーはブルーベリーでおなじみのアントシアニンがあり、ブルーになります。

    私がもっているバタフライピーは少量でも色が濃く出るため、レシピより少なめでもかなり濃い青になりました。

    バタフライピーはほどんど味がありませんので、ペパーミントの味をメインに楽しむティーです。

     

    マルベリーは血糖値上昇を抑える効果があります。味があまりないため、レモングラスの味を楽しむティーになります。

     

    どちらも夏にぴったりなさわやかな味です。

     

    バタフライピーの色素は酸と反応してピンクに変ります。

    レモン汁を入れました。

    濃い青だったため、ピンクにはなりませんでしたが、紫に変化しました。

    これ以上レモン汁を入れるとレモン味しかしなくなるので、これ以上は入れませんでした。

    淡いブルーだとハワイアンブルーの色としてたのしめそうですが、濃い青だと食欲減退カラーですので、飲みにくいです見た目です。

    パープルだとグレープジュースと同じ色だと思えば飲みやすくなります。

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲