ファンケル千葉工場見学

  • author: Akiko
  • 2019.10.20 Sunday
  • 0

    日本化粧品検定主宰の工場見学ではありませんが、化粧品関連ということで、このカテゴリーに入れてしまいます。

    ファンケルは流山市の運河駅から徒歩25分くらいのところにあります。

     



    千葉工場は唯一化粧品とサプリの両方を作っている工場だということです。


    防腐剤を入れない化粧品なので、化粧品を製造するラインは医薬品が作れるレベルのクリーンルームになっています。オートメーション化されていて、そこで働く人員は最小限となっています。

    原料を混ぜ合わせるタンクは水溶性原料と油溶性原料のタンクがそれぞれあり、パイプを通って調整されます。出来上がった化粧品は貯蔵タンクに入り、異物混入がないかなど検査を行ってから、化粧品の容器に充填されるという、徹底した管理が行われています。

    また貯蔵庫から充填する工程もクリーンブースで行われ雑菌が入らないようになっています。

    充填された化粧品のキャップを閉めるのも、箱に製造月日を印字し箱に詰めて閉じるのも全て機械の仕事です。

    小さい商品の箱詰めと包装、包装のチェックは人の手で行われます。半分以上の人がこの工程で働いています。

    見学は午後だったため、止まっているラインがあり、モニターでビデオを見るだけの部分がありました。

    防腐剤を入れない化粧品は大量に作り置きをすることがないため午前中で必要な数を作って、午後はラインを止めることが多く、午前中の見学がお勧めとのことでした。

    工場では割引で一部の商品を購入することができますが、私が行った日は午前中に爆買いされたグループがいて、半分以上商品がなくなっていました。

     

    見学後は洗顔パウダーとカロリミットのお土産をいただきました。


    全国7か所のファンケルで見学が可能です。
    ファンケルの見学ツアー

    この記事に対するコメント

    コメントする

    ページトップへ戻る▲