2019年コスメセミナーフェスティバル(1)

  • author: Akiko
  • 2019.06.18 Tuesday
  • 0

    2019年6月15日(土) 大田区産業プラザpio

    1「シワ、たるみ、しみについて学ぶセミナー」テティス横濱美容皮膚科 院長 濱野英明氏

    桜木町の美容皮膚科の院長による皮膚の構造としみの種類、メラニンとメラノサイトの質、シワとたるみについての説明がありました。
    もちろん、それぞれ同様治療ができるかという説明もありました。

    しみをとるには、レーザー、IPL(光治療)、レーザートーニング、ピーリングで治療しますが、美容皮膚科でできることだけでなく、美白化粧品、サプリなどによるホームケアでのしみ対策も合わせてして下さいとのことでした。

    光治療はフォトフェイシャルのことです。レーザートーニングはレーザーはフォトより弱く肝斑に使われる方法です。しみの中では肝斑が一番厄介とおっしゃってました。トーニングは弱いから回数通わなければならないことと、フォトだと強すぎて悪化することもあります。

    美白に関わる成分としてハイドロキノン、ビタミンCなどの成分も口述されました。

    シワの治療としてボツリヌストキシン治療(ボトックス)が紹介されました。
    ボトックスとは呼べない事情があったみたいでした。
    菌そのものを注射するわけではなく、菌からとられたたんぱく質が使われています。
    残念ながら代謝されてしまうので、4、5か月ごとに必要となります。
    女優さんのように不自然なほど注射することはなく、自然な状態を目指しているそうです。

    たるみには、皮膚を支える靭帯が弱くなり皮膚が落ちてくるので、ヒアルロン酸注射で治療します。
    ほうれい線に治療でもほうれい線の周りだけでなく、頬の上の部分にもヒアルロン酸注射して頬全体を上げていただけるそうです。

    コスメ検定協会主催のセミナーなので、今まではコスメの話が中心でしたが、コスメでできないことができる医療施術についてのセミナーは初めてでしたが、経験のある院長の話はとても興味深く、メイクでごまかせない場合、メイクで隠すのではなく、治療するという考え方もあっていいと思いました。


    2「原料体験セミナー」株式会社マルモト交商


    化粧品原料を作っている会社で化粧品メーカーや製造業者に原料を販売しているため、私たち一般の消費者が直接お世話になることはない会社です。
    今回は3つのの有効成分を使った保湿クリーム作りをしました。

    今回使った美容成分は下記です。

    ナイアシンアミド - シワ化粧品で使われる成分、美白効果や抗炎症効果もある

    エクトイン - 紫外線や熱、乾燥から肌を守る協力は保湿剤

    ヒドロキシエチルウレア - 保湿効果、肌を柔らかくさせる、肌荒れを改善する

     



    クリームは水分と油分を混ぜて作られます。
    水と油を混ぜるために乳化剤(いわゆる界面活性剤)を使いクリーム状にします。

    水分は防腐剤(フェノキシエタノール)が予め入った精製水。

    油分はアメリカ原産の植物から抽出されたメドウフォーム油(非常に滑らかでエモリエント効果がある)。

    乳化剤は常温で乳化できるようにジメチコンなど複数の乳化剤を混合したもの。

    水分、油分、乳化剤をしっかり混ぜてクリームを作ってから、上記の美容成分3つ(混ぜやすいように液体になってます)を混ぜます。

     



    出来上がったクリームは肌への浸透がよく、塗った後ベタつかず、しっとりとしたクリームでした。

    セリシン美容液作り&マルベリーセミナー

    • author: Akiko
    • 2019.06.15 Saturday
    • 0

      ハーバルセラピストのコースを受講したクラウターハウスのセミナーを受講しました。

      セリシンは蚕の繭に含まる成分で、保湿、抗酸化、美白、シミとしわの予防、コラーゲン生産増強といった効果が期待でき、肌のケラチンと共通のセリンという成分が入っていて似ているため、肌への浸透もすごくいい成分です。

      今回はベトナムの黄金繭を100gほど使用しました。
      白い繭より黄金のほうが紫外線を跳ね返す力が強いためです。

      圧力鍋に1リットルの水と一緒に30分間熱します。
      沸騰するまでは強火で、その後は弱火にします。



      30分後にはセリシンが抽出され粘り気が出ています。



      その後繭を絞るだけでなく、しっかり揉んでセリシンを出し切ります。

      一度セリシンを三角コーナー用ネットなどで濾して不純物を取ります。

      セリシンは10ccバイアルに移した後、圧力鍋に並べて30分加熱して殺菌します。
      殺菌することで冷蔵庫で1年持ちます。



      バイアル10個をお持ち帰りできました。



      マルベリーは桑の葉で蚕が食べているものですが、デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が血糖調整をするため注目されています。マルベリーに関する説明も加熱中の時間の合間に受けました。

      絞った後の繭もまだ使えるということでもらえました。
      一度干して乾かしてから、お風呂などで顔や体を洗ったり、靴を磨いたりと活用できます。
      シルクですからね。

      セミナー参加者の一人が他の方が主催のセリシン作りのセミナーを受けたことがあるということでしたが、しっかり揉んでセリシンを出さなかったので作った美容液はもっと薄かったそうです。

      ちゃんと不純物を取り除いたり、殺菌をしない講座もあるようですが、その手間を省くと長持ちしませんし、腐敗した美容液を使って肌トラブルの原因になる恐れもありますから、同様のセミナーを受けるときは質も考えてセミナーを選びましょう。

      薬用植物園見学会 in 埼玉

      • author: Akiko
      • 2019.06.14 Friday
      • 0

        2019年6月7日 生活の木 薬香草園

         

        こちらの薬用植物園には2年前に個人的に訪問して紹介していますが、今回はJAMHAのイベントとして参加しました。

        http://theta.meowgarden.com/?eid=263

         

        植物園内のレストラン「ハヤラテナ」のハーブ料理と蒸留体験が付いている盛沢山の企画で、多くの応募の中から抽選で当たり参加できました。

        レストランでの食事はコース料理でしたが、前回はなかったランチビュッフェが開催されていました。

         

        当日は雨でしたので、館内案内は手作り化粧品工房で着席のまま説明を受けました。

         

        その後は雨の中薬草園に繰り出し、説明を受けながら園内散策しました。

        小雨ではなかったのですが、風がないおかげであまり濡れることがなく、晴れで暑いよりは快適に過ごせました。

         

        前回の訪問が5月でしたので、その時とは咲いていなかったハーブが今回は咲いていたので、来た甲斐がありました。

         

        イングリッシュラベンダー、ローマンカモミール、エキナセア、コモンタイム

        イングリッシュラベンダーは暑さに弱く、本州で育てるのは難しいそうです。だから北海道のラベンダーが有名なのです。

        本州ではグロッソというタイプのラベンダーが育てやすいそうです。

         

        ミルクシスル、チコリー、リンデン、ローズゼラニウム

        リンデンは今年は開花が遅くて、今回はまだ少ししか咲いていませんでした。

        ローズゼラニウムは蒸留実験ガーデンで栽培されていました。蒸留するために数種類のハーブを大量に栽培されています。

        ゼラニウムは寒さに弱いので、冬には鉢に移して春にまたガーデンに戻すそうです。

         

        蒸留体験は5圓離疋薀ぅ蹇璽坤泪蝓爾鮖箸辰胴圓錣譴泙靴拭

        アルメニアからの輸入で、残念ながら薬草園で栽培したものではありません。

        下記は蒸留窯にローズマリーがはいっている写真です。

         

        写真左側の左が上の写真の蒸留窯です。そこに蒸気が入り、芳香成分を含んだ上記がパイプを通り天井に近くまで伸びている筒の中に入っていきます。筒の中はらせん状のパイプがあり、冷却されて、精油を含む芳香水となり写真右の金属のパイプに落ちてきます。

        その下には芳香水と精油を分離する装置があり、メスシリンダーの上に精油が上がってきます。

        今回はいつもよりたくさん精油が取れたようです。

        ローズマリーのツーンとした香りが控えめ(カンファーが少なめ)のまろやかでフレッシュな香りの精油でした。

         

        取れたての芳香水と精油を使って、ハンガリアンウォーターの化粧水と、ケルンの水(オーデコロン)を作りました。

        作った化粧水とオーデコロンはもちろんお持ち帰りできました。

        さらに、取れたての精油1ccくらいと芳香水250ccもお土産としていただけました。

         

        蒸留体験はネット上で申し込んで参加することも可能です。

        ただしローズやゼラニウムの時は人気らしいので、早めに申込したほうがいいかもしれません。

        アロマテラピー検定 公式問題集

        • author: Akiko
        • 2019.05.21 Tuesday
        • 0

          今年に入って初めて公式問題集が発行されました。

           



          私が検定を受けたのは13年前です。
          公式問題集はなく、アロマテラピー検定の歴史もまだ浅く、模試問題を含む参考書は2,3冊しかありませんでした。

          初期は誤植があり、それが答えの誤植だったりして、自分で正しい答えを探す必要もありました。

          現在は多くの参考書が販売されています。
          と言っても、実際の試験と難易度が一緒なのかどうかが分かりません。

          日本アロマ環境協会(以後AEAJ)は過去問を公表していません。

          それのためネット上で実際に試験を受けた人が過去問を勝手に公表していました。

          実は私も過去問を独学支援ブログに書いていました。

          数年後、AEAJから過去問の著作権を理由にネットで公表しないようにお達しがあり、私はそのブログを閉じました。
          (直接連絡があったわけではなく、会員の機関紙に注意喚起が掲載されるようになりました)


          このような経緯があり、やっと公式問題集が発行されたので良かったと思います。

          公式テキストと公式問題集の2冊があれば、十分合格できると思います。

          (参考書を出している出版社は困るかもしれませんね)

          問題集の中身は2級の模試3回分、1級の模試3回分です。

          問題集の中身をみて、13年前の試験と比べて、精油に関する問いが増えているように感じました。

          13年前の記憶なのであいまいかもしれませんが。

          「別名○○と呼ばれる精油を選びなさい」
          「○○○○科の精油を選びなさい」
          「○○のような香りがあり、○○に使われている精油を選びなさい」

          といった問いで、4つの精油の名前が並んでいる四者択一です。

          公式テキストの巻末の精油のプロフィールに書かれている精油に関するエピソードもしっかり読んで覚えるようにしましょう。

          香りのテスト(香りを嗅いでどの精油か答える)が1級では2問から4問に増えました。

          今年からそうなったのか、もっと前にそうなったのは分かりません。

          2級では2問のままです。

          公式テキストはアロマテラピーアドバイザー講座の料金に含まれています。
          公式問題集のほうは、教室で自由に見ていただけるのを1冊置いておきますが、講座費用とは別に希望者には販売もします。

          当選! 希少な植物油(ナチュラルビューティスタイリスト)

          • author: Akiko
          • 2019.04.21 Sunday
          • 0

            3/31までにナチュラルビューティスタイリスト検定に合格するとプレゼントに応募できるということで、合格後にAEAJオリジナル「希少な植物油」のセットに応募しました。

             

             

            数日前に当選したプレゼントが届きました。

             

            ザクロ、プルーン、ブロッコリーの種子のオイル3種類です。

             

             

            それぞれのオイルにはどんな成分が入っていて何にいいのか気になっていたら、私がいつも化粧品材料を購入しているマンデイムーンが仕入れたオイルだということがわかりました。

             

            マンデイムーンのサイトでどういうオイルか紹介されているので、それを参考に使ってみたいと思います。

             

            ザクロオイルはプニカ酸が多く含まれエイジングケアによく、他のオイルに10%程度加えて美容オイルとして使えます。

             

            プルーンオイルはリノレン酸、リノール酸、ビタミンEが入ったオイルでそのまま美容オイルとして使えます。

            フルーティな香りがするので、使い心地よさそうです。

             

            ブロッコリーオイルは潤滑油として知られるエルカ酸とビタミンAが含まれるので、ヘアケアや紫外線を浴びたヘアやスキンにお勧めです。

            ブロッコリーの香りがするオイルなので、他のオイルに10%程度加えて使うのがいいようです。

            新しいアロマテラピー検定公式テキスト

            • author: Akiko
            • 2019.04.18 Thursday
            • 0

              公式テキストは今まで、1級と2級がそれぞれ分かれていました。
              試験範囲が重なっている部分は同じ内容が書かれていました。

              新しいテキストは1級と2級をまとめて1冊となりました。

               



              サイズがA4から、もう少し背が低く、幅が広いサイズとなり、紙質も変わりました。

              それ以上に大きく変わったのが内容です。

              アロマテラピーと地球環境の部分が他の部分に吸収され、内容が少なくなりました。
              地球環境は深く勉強するなら環境カオリスタ検定で勉強して下さいということなのでしょうか。

              健康の部分の内容が大幅にカットされました。
              なくなったのは、栄養の部分、睡眠の部分(レム・ノンレム)、運動の部分(有酸素・無酸素運動)など。
              替わりにビューティにもっとフォーカスしています。

              歴史では、ローマ皇帝ネロやシャーリー・プライスの名前がなくなりました。
              古代エジプトのキフィーが追加されました。

              精油が皮膚から身体へ伝わる経路は充分なエビデンスが確認できないため削除されました。

              アルガン油やシアバターなど追加されたものもあります。

              その他にも細かい変更があり、今後の検定試験は新しいテキストで臨むことをお勧めします。

              11/3の試験に向けた検定コースの日程はまだ未定ですが、新しいテキストを使います。

              4/14(日)癒しカフェ

              • author: Akiko
              • 2019.04.11 Thursday
              • 0

                癒しカフェに出展します。

                 

                アロマハンドトリートメント(500円)など行います。

                 

                4/14(日)10:10-17:50 

                カフェローゼ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13211654/

                御徒町最寄りです。

                 

                会場は10:10スタートですが、私は12時前後にしか到着できないと思うので、ハンドトリートメント希望の方は午後にお越しくださいませ。

                化粧品の個人売買について

                • author: Akiko
                • 2019.03.17 Sunday
                • 0

                  メルカリなどのフリマアプリで、中古の化粧品が良く売れているそうです。

                  高い化粧品を安価で試してみるにはいい方法かもしれません。

                   

                  しかし、いつ買ったものか、いつ開封されたものか、異物か混入していないかなどの問題があります。

                  どうも都合の悪いことは説明せずに売る方もいるようです。

                   

                  実際に買った経験がある方の話によると、中身が薄められていた、まったく違う化粧品に詰め替えられていたというトラブルもあります。

                   

                  メーカーにとって、フリマで中古化粧品を買った方の肌トラブルの損害賠償は避けたいところです。

                  残念ながら、日本の法律では自己責任ではなく、企業には責任が発生します。

                   

                  日本化粧品工業連合会はフリマアプリ運営会社に対して、出品禁止するよう働きかけています。

                   

                  プリマアプリやネットオークションは違法の商品の取り締まりを積極的にしてないようなので、すぐに買えなくなるということではないと思いますが、気になる化粧品を安く中古で買おうと考えている方は、今のうちに購入することをお勧めします。

                   

                  私なら他人が使った汚染されているかもしれない化粧品を買うリスクは負いませんが。

                   

                  違法な個人売買についても紹介します。

                   

                  香水を小さいボトルに詰め替えて販売している方がいますが、これは違法です。

                  香水は肌につけるため化粧品扱いとなります。

                  化粧品をあらかじめ小分けして販売する場合は、化粧品製造と考えられるため、化粧品製造業の許可が必要です。

                  家庭のキッチンで許可が下りるような簡単なものではありません。

                   

                  海外の化粧品・医薬部外品・医薬品を個人輸入して販売するのも違法です。

                  日本の厚労省の認可が下りていない成分が入っている場合もありますし、成分表示とは異なる成分が入っている場合もあります。

                  去年はインドの化粧品で、肌トラブルが発生しています。

                   

                  化粧品は美しくなるために使うのですから、肌トラブルのリスクはできる限り避けて、安心できるものを購入するのが一番だと思います。

                  ナチュラルビューティスタイリスト

                  • author: Akiko
                  • 2019.03.12 Tuesday
                  • 0

                    AEAJは新たにナチュラルビューティスタイリスト検定を始めました。
                    試験は自宅からオンライン上で可能です。

                    3/31までに合格して、プレゼントに申し込むと、パーティへの招待や希少な植物油のプレゼントがあります。

                    https://www.aromakankyo.or.jp/licences/beauty/

                     

                    メディカルハーブセラピスト

                    • author: Akiko
                    • 2019.03.12 Tuesday
                    • 0

                      日本メディカルハーブ協会のメディカルハーブセラピストのコースを修了しました。
                      試験は5月なので、まだセラピストになったわけではありません。

                      最後のクラスで作ったカレンデュラのソープです。

                      カレンデュラのチンキとインフューズドオイルと花びらと三種カンレデュラが入っています。



                      以前受験したメディカルハーブ検定1級では、試験範囲のハーブは16種類でした。

                      セラピストになると30種類に増えるので、知識を広げるとともに、アロマテラピーだけでなく、ハーブも含めて自然療法をお伝えできればいいなと思います。

                      アロマトリートメント、ヒーリングでお越しの方にはハーブティをお出ししますが、その時にどんなハーブティかをもっと説明できるようになりました。

                      ページトップへ戻る▲